トップページ
 > 祭り紹介
 > 日本の祭り 名産品 > 深川めし

【深川八幡祭り(富岡八幡宮例祭)水掛け祭】東京都江東区 深川めし 深川めし

江戸の歴史を味わう東京の郷土料理

深川という地域性が最大の魅力です

門前茶屋が約40年前に創業するとき、地元で昔から食べられてきた深川めしを残していきたいという思いでメニューに加え、今では看板料理になっています。深川めしの最大の魅力は地域性です。歴史のある深川という土地で食べていただくことに一番の価値があると思います。現在、東京都であさり漁は行われていませんが、深川めしを提供する店は約30軒あります。土地の歴史を踏まえ、料理を通じて深川の良さを伝えていきたいと思います。

門前茶屋 オーナー
飯島 尋幸(いいじま ひろゆき)さん

門田 文雄(かどた ふみお)さん

想い(こだわり)

漁師たちに愛されたファストフード

漁師たちに愛されたファストフード

現在の江東区周辺は江戸時代には深川浦と呼ばれ、干潮時に広がる砂州はあさりをはじめとする貝の好漁場でした。深川の漁師たちは、時間のない漁の合間に船上で、あさり、豆腐、ねぎを薄めた海水で煮たすまし汁を冷飯にかけて食べたといいます。このまかない飯が深川めしの起源とされています。門前茶屋で出す深川めしは、味を追求し、別々に調理したあさりとご飯を高圧の蒸し器で一気に蒸し上げています。店オリジナルのレシピで、あさりの仕込みに一昼夜をかけていますが、注文を受けてから供するまでの時間は短く、手軽に食べられる深川めしのコンセプトを踏襲しています。

和・洋・中など創作深川めしが続々登場

現在、深川めしといえば、漁師飯の流れをくむ「ぶっかけめし」タイプと家庭で広く食べられてきた炊きこみご飯タイプに大きく分かれます。現在はさらにバリエーションが豊かになっています。深川めしを地域資源として深川地区のまちおこしに取り組んでいる深川めし振興協議会は、深川地区で提供される、あさりのうま味を生かしたあさりめしを深川めしと定義しています。それを受けて、日本料理店や割烹の伝統的なスタイルだけでなく、多彩なジャンルの店がパエリア風やチャーハン風などそれぞれの特徴を生かしたオリジナルメニューを考案し、深川めしの間口を広げています。

和・洋・中など創作深川めしが続々登場

名産品ご紹介店舗情報

門前茶屋
TEL:03-3641-0660

祭りのチカラの源 ご当地自慢

深川地区で伝統的なものといえば深川めしと祭りです。深川に生まれ育ったので、深川八幡祭りにはなじみがあります。飲食業に携わる者にとって祭りの日は一年で一番忙しいため、ゆっくり見物したり、神輿を担いだりした経験はありませんが、店の前が水掛けをする場所なので、毎回祭り気分を味わっています。
昔ながらの下町情緒があるといわれる深川地区ですが、関東大震災と東京大空襲で古い町並みはすべて焼失しています。焼け野原から新しい町を再建できたのは、地域住民の互助の精神によるものです。この人と人の密なつながりが深川の最大の魅力だと思います。助け合いの精神は、53基の神輿が連合渡御する3年に一度の深川八幡祭りの本祭りに向けて地域がひとつになって取り組むところにも脈々と受け継がれています。

深川八幡祭り

深川八幡祭り

8月15日の例祭祭典を中心に行われる富岡八幡宮例祭、通称深川八幡祭りは江戸三大祭りのひとつに数えられ、深川っ子の精神的支柱となっています。2017年は3年に一度の本祭りで、八幡宮の御鳳輦が渡御、大小120の町神輿が担がれ、大神輿五十数基による圧巻の連合渡御が行われます。

詳細はこちらから
  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • ワンクリックアンケート
  • 祭り広場
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • これまで応援した祭り
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • みんなの祭り情報局
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • ワンクリックアンケート
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • 祭り de クイズ
  • 祭り de タイピング
  • 子ども祭り特派員
  • これまで応援した祭り
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • みんなの祭り情報局
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!
  • ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。