トップページ
 >  祭り紹介 >  今年応援する祭り >  サングヮチャー

サングヮチャー

サングヮチャー

祭り紹介

歴史「島の宝100景」に選ばれた平安座独自の
浜下り行事

シシゾウ:サングヮチャーは、3月3日から5日までの3日間に行われる行事の総称だそうですね。

松田さん:はい。旧暦3月3日は上巳(じょうし)の節句で、沖縄では女性が厄祓いに浜に下りる「浜下(お)り」の日に当たりますが、平安座のサングヮチャーは、一般的な浜下りとは趣が随分異なります。他所には残っていない行事ということで、国土交通省都市・地域整備局が選定した「島の宝100景」にもなっています。

ページ先頭へ

みどころ1日目は海難事故で亡くなった人の慰霊祭。
2日目は岩島の拝所で豊漁を祈願

シシゾウ:3日間の行事の内容を教えてください。

松田さん:1日目の午前中はドーグマチーといって海難事故で亡くなった人を悼む慰霊祭が行われます。身内を海で亡くした親族が一家揃って故人が亡くなった方角の浜に下り、菓子や魚などを詰めた重箱をお供えします。永代供養なので、33回忌を過ぎても行うのが大きな特色です。沖縄には、4月から5月にかけて行われる清明祭(せいめいさい)という墓参りの風習があり、親族が集まって墓にお供えをし、皆でお重のご馳走を食べます。言うなればドーグマチーは清明祭の海バージョンです。
2日目は、トゥダヌイューとナンザモーイが行われます。どちらも豊漁を祈願する神事です。
3日目は、チナアギモーイ(綱あぎ舞い)です。東の浜と西の浜から区民が仮装をして海に下り、三線(さんしん)と太鼓を打ち鳴らし踊りながら仲之浜を目指して練り歩きます。仲之浜から陸に上がった後は、全員で祝宴を張ります。現在、この風習はなくなり、代わりに自治会館に集まって宴会をします。1日目と2日目にも皆で集まって飲食をするので、サングヮチャーの3日間は宴会尽くしです(笑)。

シシゾウ:2日目のトゥダヌイューとナンザモーイについて詳しく教えてください。

松田さん:トゥダヌイューは女性の神人たちによる豊漁大漁を祈願する神事です。「トゥダ」は沖縄の方言で三つ又のモリ、「イュー」は魚です。この言葉通り、女性神人はまな板に置かれた魚をモリで突き、肩に担いで歌い踊り、ノロ(神女)に捧げます。奉納される魚は、タマン(フエフキダイの仲間)とマグブ(ベラの仲間)の2匹です。どちらも地元では高級魚扱いで、非常に美味です。
ナンザモーイは、東の沖あいにあるナンザという岩に上り、ニライカナイに供物を捧げ、豊漁を祈願します。「モーイ」は詣でるという意味で、ナンザ岩まで拝みを行う自治会長をはじめ祭り関係者や有志が干潟の海を歩いて渡ります。巨大な魚の御輿や仮装をした人たちも練り歩きに加わり、場を盛り立てます。形はタマン、色彩はマグブの張りぼての魚の御輿を担ぐのは地元の中学生たちです。仮装は本来、3日目に行われていたチナアギモーイの仮装の風習をナンザモーイに取り入れました。
一行はナンザに着くと岩の上に登り、御神酒、米、タコを刻んだもの、果物をお供えし、恵みをもたらしてくれるニライカナイの神がいるとされる東の海に向かって「平安座に魚を寄せてください。そして島に繁栄と安寧をもたらしてください」と祈ります。浜には、大勢の区民が待っていて、一行が浜に戻ってくると歌と踊りで賑やかに出迎えます。

ページ先頭へ

注目ポイントナンザモーイは一般の人の同行もOK。
干潟の海を歩いて沖合いへ

シシゾウ:ナンザモーイは一般の人も参加できるそうですね。

松田さん:はい。拝みに行く私たちと一緒にナンザ岩まで同行していただけます。昔は女人禁制でしたが、現在は女性の方も参加されます。海岸からナンザ岩までは直線距離で約500メートル、歩く距離は800メートルほどあります。くるぶしや膝上くらいまで海につかりながら沖まで歩いていくという経験は貴重だと思うので、興味のある方はどうぞご参加ください。途中、石に自生しているモズクを取って、海水で洗って食べるというお楽しみもあります。
ナンザモーイのときのナンザの岩山は海面から10メートルほど突き出ています。一般の方も登っていただけますが、岩の上は非常に狭いので全員が登れない場合もあります。拝みが終わると、供え物のタコの切り身と御神酒は参加者にふるまわれます。
ナンザモーイに同行されるときは、海底の貝殻やサンゴのかけらなどで怪我をしないようにマリンブーツやスニーカーなど底のしっかりしたものを履いてきてください。往復で1時間以上かかるので、その間にも潮はどんどん満ちてきます。浅瀬の海ですが、ところどころ深くなっているところもあるので、できるだけ皆と一緒に行動することをお勧めします。

ページ先頭へ

ふるさと自慢三月ポーポーはサングヮチャーに欠かせない
ふるさとの味

シシゾウ:平安座島の食の名産品を教えてください。

松田さん:平安座に伝わる伝統食の三月ポーポーはサングヮチャーに欠かせません。黒砂糖、むぎ粉、薄力粉を混ぜたものを水で溶いて薄く焼いて丸めたもので、各家庭はそれぞれ自慢のレシピを持っています。サングヮチャーの期間中は毎日、この三月ポーポーを作って仏壇にお供えをします。普段のおやつとしても食べられますが、サングヮチャーで三月ポーポーを食べると「春が来たな」と感じます。三月ポーポーの一般的なレシピは、平安座自治会のホームページに記載してあります。

ページ先頭へ

メッセージ平安座島の繁栄と安寧、豊漁を祈願する
大切な祭りです

松田さん:平安座を代表する祭りで、他所にはない風習がたくさん残っています。時代とともに変化している部分はありますが、島の繁栄と安寧、豊漁を祈願するという祭りの精神は昔も今も変わりません。担い手の高齢化は進んでいますが、地区の皆で祭りを盛り立て、平安座が誇る伝統文化として守り伝えていきたいと思います。

ページ先頭へ

※祭り紹介者 平安座自治会 前会長 松田 富雄(まつだ とみお)さんにお応えいただいたインタビューをもとに、記事をまとめています。

TV番組情報

放送局

ダイドードリンコ日本の祭り

祭り“伝承” “海の暮らし”と共に
〜平安座島「サングヮチャー」〜(仮)

5/26(日)16:00~16:54
RBC 琉球放送にて放送!

旧暦3月3日、沖縄各地は白砂を踏み穢れを清める「浜下り」の日です。
その時、うるま市平安座島で島最大の祭事「サングヮチャー」が行われます。島の発展や大漁を願う祭りです。この祭りは干潟が隣接した島であるが故、“海の暮らし”と共に変容を遂げ、伝承されてきました。ウチナーでも類を見ない潮が引いた海を渡る「海中パレード」。豊漁を持ち帰るかのように、笑いがあり、歓声があがり、大漁旗が振られます。島の人たちが一番大切にしている祭り、「サングヮチャー」の魅力を余すところなく伝えていきます。

番組の放送局サイトへ

制作担当者からのメッセージ

本土の弥生人が農耕を開始して千年以上経過し、ようやく沖縄で農耕が始まったとされる。それ以前は、圧倒的に貝や魚を獲る漁労採集の生活を営んでいた。その魚介類にまつわる祭りが今も残っているのが、平安座島の「サングヮチャー」だ。干潟に面した離島であることから、船の離発着もしやすく、漁もしやすい。かつては大勢の“海人(うみんちゅ)”で賑わっていたという。大正から戦前まで、山原船(やんばるせん)を巧みに操り、海上交通の要として栄えた。“海の暮らし”イコール、島で生きることだったのだ。時代は移り変わり、1972年海中道路が完成し、本島と結ばれた。高齢化社会、少子化…。島は人口が激減し、過疎地域となった。そして、かつての“海の暮らし”は希薄になっていった。そんな中、島の人たちは、島一番の伝統の祭りを末長く継承していきたいと、新たな試みを始めようとしていた。「観光客を参加させて」…とまで、柔軟に考え始めていたのだ。伝統ある祭りを継承するための変容、分岐点。取材を通して、 “伝承”の「今」を視つめてみたい。

琉球放送ディレクター 藤原廣進

ページ先頭へ

TV番組情報

ダイドードリンコ日本の祭り祭り“伝承” “海の暮らし”と共に〜平安座島「サングヮチャー」〜(仮)

5/26(日)16:00~16:54
RBC 琉球放送にて放送!

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • 注目の祭り
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • これまで応援した祭り
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • DyDo online shop

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。

(ピックアップ!)関連する祭り

関連ワード白砂を踏んで穢れを清める浜下り

ダイドードリンコ日本の祭りが応援してきたアーカイブから関連する祭りをご紹介します。