トップページ
 >  祭り紹介 >  今年応援する祭り >  秋保大滝不動尊例大祭・秋保の田植踊

秋保大滝不動尊例大祭・秋保の田植踊

秋保大滝不動尊例大祭・秋保の田植踊

祭り紹介

祭り写真館 今年の様子をご覧いただけます。

6/12公開!

歴史起源は不明。平家の落人にゆかりとの説も

シシゾウ:秋保大滝不動尊例大祭に奉納される秋保の田植踊は、いつごろ始まりましたか?

沼田さん:秋保の田植踊と総称される馬場の田植踊、長袋の田植踊、湯元の田植踊は起源が定かではありませんが、いくつかの伝承があります。馬場と長袋で言い伝えられているのは平家の落人によって伝えられたとする説です。長袋には、平重盛の守り本尊といわれる阿弥陀如来像を安置する向泉寺(こうせんじ)という寺院があることや、昭和初期の研究者が、京都に伝わる赦免地踊(しゃめんちおどり)との類似に関する論文を著していることなどから、平家の落人伝説はあながち根拠のないことでもないと思っています。湯元の田植踊については、江戸時代、秋保温泉に湯治に来た藩主にお座敷芸として田植踊を披露したという言い伝えが残っており、大正初期までは温泉場で湯治客に披露する事もあったそうです。
なお、長袋の田植踊のお囃子に用いる大太鼓の胴の内側には元禄2年(1689)の銘が入っていることから江戸時代初期には既に田植踊が行われていたことは確かだと思います。

シシゾウ:元々は小正月に踊られていたそうですね。

沼田さん:そうです。農閑期にあたる小正月の旧暦1月15日に予祝芸と称し、お米が秋にたくさん収穫できることを願って踊られたといわれています。現在は、小正月に踊られることはなく、馬場の田植踊は、4月29日の秋保大滝不動尊例大祭、長袋は4月第3日曜の長袋神明社の例祭と10月の向泉寺の小松阿弥陀如来大祭、湯元は5月5日の泉明寺(せんみょうじ)・湯元薬師堂の子育薬師祭りで披露されます。

ページ先頭へ

みどころ振袖の早乙女たちが田植えの仕草を
洗練された所作で表現

シシゾウ:踊り手は子どもだそうですね。

沼田さん:はい。主役の早乙女を務めるのは小学校高学年の女の子で、8~10人程度です。さらに秋保の田植踊を特徴づける弥十郎(やんじゅうろう)と鈴振りという男の子が加わります。弥十郎は道化的な役割で、次に踊る演目を述べる口上役も務めます。鈴振りは、弥十郎の見習い的な存在です。鈴振りは小学校の低学年男児が務めます。お囃子は唄い手、笛、大太鼓小太鼓、囃し手で構成され、大人が務めます。

シシゾウ:何演目ありますか?

沼田さん:8~10演目です。1演目は2分前後と短いです。それぞれの演目には歌詞が異なる歌がつきますが、旋律は大きく分けて3~4パターンで構成されえております。 早乙女は、演目ごとに扇、太鼓のバチ、鈴、銭太鼓(ぜにたいこ)など手に持つ道具を変えて踊ります。何も持たずに踊る手拍子と呼ばれる演目もあります。

シシゾウ:踊りとしての特徴を教えてください。

沼田さん:秋保の田植踊を初めてご覧になった方からは、「どこが田植踊なのですか?」と聞かれることがあります。田植踊といえば菅笠に手甲脚絆を着けた早乙女の踊りをイメージされると思いますが、秋保の田植踊の早乙女が着用する衣装は非常に艶やかです。頭には豪華な花笠、着物は裾にアヤメや牡丹などの美しい柄を染め抜いた振袖で足元は白足袋です。また、所作は優雅で、お座敷踊りとも評されます。でも、よくよく見ると苗を植えるところを手にした扇で地面に押し付けるような仕草で表現したり、手についた泥を落とす仕草があったりと、随所に田植えの表現が盛り込まれています。

シシゾウ:馬場、長袋、湯元の3地区で違うところはありますか?

沼田さん:装い、所作、お囃子などは3地区とも似てはいますが違いもあります。一番目につく違いは着物の色です。馬場と湯元は青や紺、長袋は黒です。花笠の花も違います。和紙を折って作りますが、折り方、色の染め方にもそれぞれ特徴があります。

ページ先頭へ

注目ポイント“柔”の田植踊、“剛”の滝原の顕拝。
秋保に伝わる伝統芸能の競演

シシゾウ:他所の田植踊にはない「褒めことば」について教えてください。

沼田さん:「褒めことば」は、田植踊の演目の半ばごろに、観客のひとりが立ち上がって文学的な美辞麗句で芸や装いの素晴らしさを褒め称えるものです。その賞賛に対して、田植踊を披露する側の代表者が「返しことば」といって御礼の口上を述べます。長袋の場合は、口上と一緒に、大人の女性が踊る「手踊り」とともに宮城の名所を紹介する短い芸も披露します。秋保の田植踊は地芝居(地方の歌舞伎)の流れをくんでいるという説がありますが、観客と掛け合う「褒めことば」「返しことば」は、地芝居から発生したものではないかと個人的には捉えています。この秋保独特の「褒めことば」「返しことば」は長く途絶えていましたが、現在は3地区とも復活させているので、ご覧になる際はぜひ注目してください。

シシゾウ:秋保大滝不動尊例大祭のそのほかのみどころについて教えてください。

沼田さん:秋保大滝不動尊例大祭では28日と29日の両日、大護摩祈祷が行われます。馬場の田植踊が奉納される29日は秋保に伝わる伝統芸能のひとつで、宮城県の無形民俗文化財に指定されている「滝原(たきばら)の顕拝(けんばい)」も併せて奉納されます。田植踊が美しい装束をつけた少女たちによる優美な舞であるとすれば、顕拝は、面をつけた成人男性が剣を持って立ち回る勇壮な舞です。柔と剛の対比の妙が味わえて、とても見ごたえがあると思います。

ページ先頭へ

ふるさと自慢幻のそば!?希少な在来種を伝える野尻産そば

シシゾウ:仙台市太白区の食の名産品を教えてください。

沼田さん:秋保大滝不動尊からほど近い野尻という小さな集落で作られるそばは、古くから地域に伝わる在来種のそばです。希少なこともあり、近年、新しい秋保名物として脚光を浴びています。

ページ先頭へ

メッセージお近くのイベントに秋保の田植踊が出演する折はぜひご覧ください

沼田さん:秋保の田植踊は、ユネスコの無形文化遺産に登録されて以降、いろんなところから出演依頼がくるようになり、私たちの踊りを披露する機会が増えました。近年は、ねんりんピック2012宮城・仙台大会のアトラクション、G7財務相・中央銀行総裁会議のウェルカムレセプションなど大きな催しにも出演しました。今後も全国各地で私たちの田植踊を披露する機会があると思いますので、皆さんがお住まいの近くの催しに秋保の田植踊が出演することになったら足をお運びいただき、私たちの踊りを楽しんでいただきたいと思います。

ページ先頭へ

※祭り紹介者 秋保の田植踊保存会 会長/長袋(ながふくろ)の田植踊保存会 会長 沼田 孝(ぬまた たかし)さんにお応えいただいたインタビューをもとに、記事をまとめています。

TV番組情報

放送局

ダイドードリンコスペシャル

伊達に優美に舞い踊る!
~秋保大滝不動尊例大祭・秋保の田植踊~

5/20(日)12:00~12:55
KHB 東日本放送にて放送!

秋保の田植踊。仙台市太白区秋保町の馬場、長袋、湯元それぞれの地区に伝わる3つの田植え踊りの総称です。振袖に花笠の早乙女たちが五穀豊穣を願い田植えの舞を舞い踊ります。主役の早乙女を務めるのは小学校高学年から中学生の女の子、更に秋保の田植踊の特徴の弥十郎(やんじゅうろう)と鈴振りという男の子が加わります。今回は秋保大滝不動尊例大祭・秋保の田植踊として奉納される馬場の田植踊を中心にお伝えします。馬場地区では今でも昔のままに早乙女役を地元の小中学生たちが務めています。他地区から招いていた笛の奏者も今年は久々に地元の子供が務める予定になっています。番組では、まだ経験の浅い早乙女役の小学生の女の子や久々に笛の演奏を務める地元の男の子に密着。必死に練習に取り組む姿から祭り当日の晴れ舞台での様子をお伝えします。

番組の放送局サイトへ

制作担当者からのメッセージ

真っ暗な中、蛍光灯の灯る集会所に親御さんの車に送られた子供たちが次々と集まってくる。地域の世話役の方たちの指導で、本番に向けての初めての踊りの練習が始まった。おぼつかない手の動きに足裁き。それでも子供たちは何とか覚えようと必死です。人口減少で祭りの担い不足がここでも問題になっている中、地域一丸となって祭りを支えていこうというお年寄りから子供たちまでの住民の姿をお伝えしたいと思います。

制作部 引地 慶記

ページ先頭へ

TV番組情報

ダイドードリンコスペシャル伊達に優美に舞い踊る!
~秋保大滝不動尊例大祭・秋保の田植踊~

5/20(日)12:00~12:55
KHB 東日本放送にて放送!

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • 注目の祭り
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • これまで応援した祭り
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • DyDo online shop

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。

(ピックアップ!)関連する祭り

関連ワード予祝芸能

ダイドードリンコ日本の祭りが応援してきたアーカイブから関連する祭りをご紹介します。