トップページ
 > 祭り紹介 > 吉村作治先生の祭り考察

吉村作治先生の祭り考察 エジプト考古学者、吉村作治名誉教授のブログ

※このページは吉村作治先生からの寄稿を原文のまま公開しています。

2018年6月のアーカイブ


山王祭

2018年06月20日

「東京が江戸に戻る日」、いいタイトルです。私のところから都心に向うとき、いつも日枝神社を見上げながら行きます。しかし今まで日枝神社の祭典は見たことがありませんでしたが、実際に見てすばらしいものを実感しました。私が参加したのは6月8日の神幸祭でしたが、その行列のすばらしさにおどろきました。
まず先頭のお囃子、そしてそれにつづく猿田彦、獅子頭、3基の神輿、それにつづく色とりどりの神宮の列、何と500人以上の人の参加です。見物していても行列開始まで約20分。特に天皇皇后の2基の神輿が目立ちます。おそらく現在では日本で唯一の天皇皇后の神輿でしょう。

そして皇居の坂下門での神事。たぶん皇居をお旅所のひとつと考えているのでしょう。何かほのぼのとしたものを感じます。自然崇拝、多神教世界、そして一番の特徴は全ての自然が神さまで、それを大切にするというところです。ともかく充実した一日でした。

ページ先頭へ

豊年祭・古堅のミーミンメー

2018年06月20日

沖縄県南城市古堅のミーミンメーという祭り。沖縄には片仮名の名のついた祭りがけっこうあります。やはり異国情緒といいますか、どこか日本離れしたものを感じます。200年前からこの地で行われている伝統行事です。一番の特徴はミルク様と旗頭を先頭に、子どもたちが踊りながら進む行列です。ミルク様とは私たちのいう弥勒(ミロク)菩薩のことです。琉球独特の言い方で、いたるところでそう言われています。
子どもが声を合わせて「ミーミンメー」と歌いながら踊る姿はとてもかわいいものです。「ミーミンメー」はどうも沖縄由来のわらべうたのようです。

この祭りは子どもたちが中心で、大勢参加する祭りです。少子化が進み、日本の地方は人口減で困っている中、人口が増えている沖縄ならではのことです。とても楽しい祭りでした。

ページ先頭へ

葵祭

2018年06月20日

京都の三大祭りのひとつで全国的にも祭りの代表として有名なものです。行列の出発点は京都御所で下鴨神社、上賀茂神社へと練り歩くものです。行列の総勢は500名余りという大きなものです。今から千数百年前に始まったと言われていて、衣装は平安時代のものです。中には十二単の女官姿の女性が当日の暑さにもまけず、しずしずと歩いているのには頭が下がりました。葵祭りは「静」の祭りで、全て宮中の品がただよっています。

しかし外側から見ていると祭りが終わってこの衣装を脱ぐときの楽しみで苦しさに耐えているのではないかと思えるのです。本当に大変そうです。観る側も御所に敷きつめられた玉砂利に足をとられながら行列の後を歩くのも大変でした。

ページ先頭へ

祭り軍団座長 吉村作治 東日本国際大学学長・教授 早稲田大学名誉教授 NPO 日本の祭りネットワーク副理事長

エジプト考古学者(工学博士)
1943年生まれ。早稲田大学入学後の1966年アジア初のエジプト調査隊を組織し現地に赴く。以来、半世紀にわたり発掘調査を継続。「第2の太陽の船」発掘・復原プロジェクトでは、 本格的な修復作業が進んでいる。この8月から新たに「クフ王墓探査計画」を開始。動画サイト「吉村作治チャンネル」では、祭りをはじめ様々な話題を、ほぼ毎日配信中。

公式HP
吉村作治のエジプトピア

http://www.egypt.co.jp/

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • 注目の祭り
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • これまで応援した祭り
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • DyDo online shop

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。