トップページ
 > 祭り紹介 > 吉村作治先生の祭り考察

吉村作治先生の祭り考察 エジプト考古学者、吉村作治名誉教授のブログ

※このページは吉村作治先生からの寄稿を原文のまま公開しています。

2017年2月のアーカイブ


毛越寺常行堂二十日夜祭

2017年02月03日

岩手県の平泉町の毛越寺の春祈祷の結願の日に行われる夜祭りです。今回は1月20日のことでした。東北、北陸は連日連夜大雪で、どうなることか心配していましたが、心配するほどの大雪ではありませんでした。しかし夜の8時頃から始まる行列では絶えまなく雪が降り、裸の男衆の肌もひきつっていました。観る方の私たちも足の指先が凍りつくような感覚で、つい足先を動かさざるをえない状態でした。この祭りは結願の催しだけでなくいろいろな要素があり、夜半の4~3時間、人々は毛越寺にくぎづけになっていました。
メインは毛越寺の常行堂で行うものです。毛越寺の行事ですから、当然お坊さんが主導の仏式ですが、少し変わっているのはお堂の中心であるご本尊の阿弥陀さまなのです。それは阿弥陀さまの足元の摩多羅神(またらじん)と呼ばれる神さまの存在です。摩多羅神そのもののご開帳は33年毎というのですが、いろいろな点でこの祭りは、神道の様式がくみこまれています。東北・北陸地方に今でも残っている風習、神仏混淆のなごりだと思います。ですからそこで行なわれる延年舞も神事に近いものでした。即ち神楽に近い舞なのです。しかし1曲20分から30分、唄もなく笛と太鼓だけで舞い、台詞があっても口の中で呟くので、聞く方はあまりよくわかりません。とても大変そうですが、寒さにも単調さにも勝る、舞うことへのその真剣さにオーラを感じます。

この祭りは外部に見せるものではなく、近所の人だけで守られてきましたので、ギャラリーも舞手に負けず劣らず真剣です。荘厳な祭りです。

ページ先頭へ

野沢温泉の道祖神祭り

2017年02月03日

あの温泉とスキーで有名な野沢温泉の祭りです。スキーが人気の冬のスポーツになる前は本当に小さな村で冬場は雪に埋もれていたのですが、観光協会の会長が言っていたように今や1シーズンに2万人ほどのスキーと温泉のお客さまが来るそうです。
中でも1月中旬に行われるこの道祖神祭りには、6千人以上の観光客がやってきて一晩二晩と楽しんでいくそうです。しかもその内の70%は外国人で中でもその60%近くはオーストラリアの人だそうです。確かにこの祭りに参加しますと、人々の会話はほとんど英語ですので英語の勉強になります。中でもひときわ目立っているのが、ボランティアで「通訳」というゼッケンをつけた若者です。
みどころはクライマックスの火祭りでした。今年は1月15日の夜です。この日は木材で作った仮の社殿のようなものの上に、42才の厄年の男たちが登り(今年は20名だそうです)、その下に火をつけようとする村人と、今年25才になった厄年の青年がそれをとめるという行事です。普通この辺の村々での道祖神は石で作られているのですが、ここでは「ドウロクジン」とよばれる木で作られています。もともと道祖神は村の入口で村に災いが入らないように村を守るためにいるのですが、ここの道祖神はそれにプラス良縁をとりもつもので、子宝をさずけるという効用があると言われ、村人に強く信仰されています。しかも木で作られたここの道祖神は毎年この日に焼かれ、また新しいものが作られます。
祭りの流れは1月13日に社殿柱となるブナの木、御神木を山から切り出し村に運びます。もっともこのブナの木は、前年の秋から見当をつけていて毎年5本切り出します。切り出されるブナの木は樹齢100年以上、高さ20m、直径30~40cmと決められていて、昨今では選ぶのが難しくなっているそうです。それらの木を切り、組み合わせて村の広場に社殿を組み上げるのに2日かかります。それを当日、皆で燃やすのですからすごい迫力があります。

今年の1月15日は北陸~東北が大雪で、野沢もその影響で大雪、しかも強風の中での火祭りですから、その迫力はすごいものでした。種火が会場についてから約2時間行事があり、社殿に火がついたのは11時ごろでした。火の粉が風に舞いその間を雪がうめ、すさまじい勢いでした。奇祭のひとつです。前の年のいろいろな災いや悩みは全て燃やし切るというのが村人の願いなのです。

ページ先頭へ

祭り軍団座長 吉村作治 東日本国際大学学長・教授 早稲田大学名誉教授 NPO 日本の祭りネットワーク副理事長

エジプト考古学者(工学博士)
1943年生まれ。早稲田大学入学後の1966年アジア初のエジプト調査隊を組織し現地に赴く。以来、半世紀にわたり発掘調査を継続。「第2の太陽の船」発掘・復原プロジェクトでは、 本格的な修復作業が進んでいる。この8月から新たに「クフ王墓探査計画」を開始。動画サイト「吉村作治チャンネル」では、祭りをはじめ様々な話題を、ほぼ毎日配信中。

公式HP
吉村作治のエジプトピア

http://www.egypt.co.jp/

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • 注目の祭り
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • これまで応援した祭り
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • DyDo online shop

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。