トップページ
 > 祭り紹介 > 吉村作治先生の祭り考察

吉村作治先生の祭り考察 エジプト考古学者、吉村作治名誉教授のブログ

※このページは吉村作治先生からの寄稿を原文のまま公開しています。

ながい黒獅子まつり

2017年05月29日

「今日はたける風に恵まれまして暑さもしのげます…」長井市の總宮(そうみや)神社の宮司さまのお話でした。確かに外気温は30度近くあるのに森の木々にかこまれているこのお宮にいますと心地よいのです。
さて、一連の式典が終わると黒獅子のおでましです。本宮と拝殿に間にある神棚にその獅子は置かれてありました。獅子舞い連の男17人が席を立ち、さっとその獅子頭を持ち上げると、今まで眠っているかごときだった獅子が生きかえるのです。そこから拝殿の中にいる私たちのところにきて、お払いをしてくれます。もともと獅子は神輿の前をいき、その前にいる悪魔や悪霊をやっつける役割をもっています。口をあけてカチンカチンと口を合わせるしぐさは、元々は悪魔を食うしぐさなのです。そして境内でひとしきり獅子舞をして町に出ます。こうした神社が長井市に50近くあり、各神社がみな黒獅子をもっていて、1年に1回、一堂に会して黒獅子舞を競うのです。
そしてこの黒獅子は警固(けいご)という屈強な男がつき、先導したり、道案内をする人がいたりするのです。この警固たる人物はもとは相撲取り(アマチュア)がやっていたのだそうですが、今では相撲がすたれてしまったので町で一番の力もちと自認している人がなっているようです。

一日かけて町の中央広場に集まる黒獅子はすごい迫力です。また黒獅子の中に入っている人は老いも若きもどころか5、6才の男の子もいました。皆、将来の獅子の足となるのでしょう。とても珍しいお祭りでした。

ページ先頭へ

矢矧神社春の大祭・にわかと獅子舞

2017年05月25日

愛媛県今治市朝倉北にある矢矧神社の春季祭礼で行われる、獅子舞と掛け合いによる寸劇「にわか狂言」です。祭りの余興では神楽を始めいろいろな演芸が催されます。全て神さまを喜ばせるために行います。もちろん神さまと共に氏子たちも楽しむのですが、「にわか狂言」が行われるのは全国で珍しいです。300近く日本の祭りに参加している私でも初めてです。
「にわか狂言」の内容は普通のコント的なものですが、これを氏子衆がやっていることに意味があります。決して笑をとるという訳ではありませんが、最前列にいる子供10人くらいのかけ合いが集まった人の笑をとっていました。次代を担う子供を大切にしているところが良かったです。
しかし、何と言いましても、つぎ獅子は素晴らしい。今回は4段ですが、なかなかできないことです。最上段は4~5歳の男の子が登るのですが、登るのも大変なのに上に立ち扇子をひらき、みえを切る。そして1回転するのです。1番下の男の大人が5人、まずまわりはじめます。それと共に2段目の男の人、3段目と人数が少なくなり3段目のひとり、おそらく上の男の子の父親ではないかと思います。10分15分と次第に担いでいる男たちの顔が歪んできます。あわや崩れるのではと思ったとき、終わりました。大成功です。「素晴らしい」の一言です。途中で涙が出てきました。

その後、神輿の宮出しです。子供みこしが4基、大人みこしが1基、ゆったりとしたかけ声とともにお宮を出ていきます。氏子衆は最後まで拍子をやめませんでした。後には清々しい雰囲気が残っていました。

ページ先頭へ

能生 白山神社春季大祭

2017年05月09日

あの翡翠で有名な糸魚川市にある白山神社の春季大祭です。お祭りは現場に行ってみないとわからないことが多いのですが、今回ほどそれを強く感じたことはないのです。
まず、驚いたのは、お旅所が本殿と同じ神社の区域の中にあることです。ですから3基ある神輿は町中の氏子の家をまわらないということになります。ふつう、お祭りのときは神輿に神様がのり、その神様が町内の氏子衆の家々をまわり、福を授けるのですが、本殿から神輿に神様がのり、拝殿を通り3基の神輿が出て、そこに待機している獅子舞いの後につづきます。獅子舞いの前にはこの年に選ばれた稚児が男の人の左肩にのり、右側に男衆がつきそい、うしろを守る親せきの人が1グループになって、さらに6組の稚児グループが歩きます。その列が神社を2周したところで「御神郷向打ち止め」となります。その後、時間をおいて、2番目の神輿に神様がのり移った時、全部の列の人々が走り出すのです。これを「お走り」といい、1周したところでお旅所のある建物の中へ全ての列の人が入りこみ、神輿は舞台の正面に向けて並べられます。
これらを午前中にすませ、午後は舞楽(ぶがく)が11番披露されます。この舞楽はふつうの祭りの神楽にあたるものですが、笛と太鼓しかBGMはなく、しかもテンポはとてもゆるやかです。1時ごろから6時ごろまでの5時間余りかけて舞われるのです。中心は稚児の舞いですが、それは立派なものです。それもそのはず、何週間も特訓をうけているのです。

そして舞楽の最後に大人の舞う「陵王」という演目があります。これが終わると祭りは終わりますので、観客が終わらせないよういろいろと邪魔をします。約1時間ばかり舞うのですが演者は大変でしょう。そして最後に2人の男の腕の中に陵王が飛び込んでおしまいです。
その盛り上がりはすごいものでした。その後、3基の神輿におのりになっている神様を本殿に戻し、神輿が帰ってきます。それで終わりです。とてもいい祭りでした。

ページ先頭へ

大須八幡春季例大祭

2017年05月09日

宮城県石巻市雄勝町にある大須八幡さまのお祭りです。石巻は私にとって、とても思い出深いところです。2011年3月11日の東日本大震災の後、4か月目に初めて被災地を訪れたところだからです。まだ仮設住宅も出来ておらず学校に皆さんが避難していたときです。宅地からはほとんどの家屋が流され、道路には船がのりあげていました。それから2年後に再び石巻を訪れました。今度は私の写真展をするためです。その頃になるとかなり復旧は進み被災の皆様は仮設住宅に移られていました。
そのような町ですので、それから4年経った今どうなっているのかを見るのも大切だと思っていました。さすが震災後6年経つと町は完全に復旧していました。とても勢いを感じました。とてもうれしかったです。
さてお祭りですが、とても楽しい祭りでした。丘の上の神社から神輿をかついで階段をおり、町中を通って海に入るのが1部、そして民家の庭に設けた舞台で神楽を演じるのが2部でして、2つとも一見無関係のようですが、うまくコラボしていて参加者も楽しいものです。
この町、雄勝町は震災前は人口4,000人、600戸くらいの規模だったそうですが、今や1,000人120戸くらいになったとの説明を聞きましたが、祭りの勢いはありました。
町から出た若者が戻ってきて神輿をかつぎ、高齢者が神楽を舞い、とてもいいバランスです。

神輿が海に入ると神輿を海水につけないように少し高めにかつぐのも、かつぐ時のかけ声が「ヨサーイ」と「チョーサイ」の2つをくり返すことが特徴です。「ヨサーイ」とは「太平洋の波を砕く」、「チョーサイ」は「潮(うしお)を砕く」という意味だそうで、海の男が海の幸を求めていく姿が思い浮かびます。
いい祭りでした。

ページ先頭へ

毛越寺常行堂二十日夜祭

2017年02月03日

岩手県の平泉町の毛越寺の春祈祷の結願の日に行われる夜祭りです。今回は1月20日のことでした。東北、北陸は連日連夜大雪で、どうなることか心配していましたが、心配するほどの大雪ではありませんでした。しかし夜の8時頃から始まる行列では絶えまなく雪が降り、裸の男衆の肌もひきつっていました。観る方の私たちも足の指先が凍りつくような感覚で、つい足先を動かさざるをえない状態でした。この祭りは結願の催しだけでなくいろいろな要素があり、夜半の4~3時間、人々は毛越寺にくぎづけになっていました。
メインは毛越寺の常行堂で行うものです。毛越寺の行事ですから、当然お坊さんが主導の仏式ですが、少し変わっているのはお堂の中心であるご本尊の阿弥陀さまなのです。それは阿弥陀さまの足元の摩多羅神(またらじん)と呼ばれる神さまの存在です。摩多羅神そのもののご開帳は33年毎というのですが、いろいろな点でこの祭りは、神道の様式がくみこまれています。東北・北陸地方に今でも残っている風習、神仏混淆のなごりだと思います。ですからそこで行なわれる延年舞も神事に近いものでした。即ち神楽に近い舞なのです。しかし1曲20分から30分、唄もなく笛と太鼓だけで舞い、台詞があっても口の中で呟くので、聞く方はあまりよくわかりません。とても大変そうですが、寒さにも単調さにも勝る、舞うことへのその真剣さにオーラを感じます。

この祭りは外部に見せるものではなく、近所の人だけで守られてきましたので、ギャラリーも舞手に負けず劣らず真剣です。荘厳な祭りです。

ページ先頭へ

野沢温泉の道祖神祭り

2017年02月03日

あの温泉とスキーで有名な野沢温泉の祭りです。スキーが人気の冬のスポーツになる前は本当に小さな村で冬場は雪に埋もれていたのですが、観光協会の会長が言っていたように今や1シーズンに2万人ほどのスキーと温泉のお客さまが来るそうです。
中でも1月中旬に行われるこの道祖神祭りには、6千人以上の観光客がやってきて一晩二晩と楽しんでいくそうです。しかもその内の70%は外国人で中でもその60%近くはオーストラリアの人だそうです。確かにこの祭りに参加しますと、人々の会話はほとんど英語ですので英語の勉強になります。中でもひときわ目立っているのが、ボランティアで「通訳」というゼッケンをつけた若者です。
みどころはクライマックスの火祭りでした。今年は1月15日の夜です。この日は木材で作った仮の社殿のようなものの上に、42才の厄年の男たちが登り(今年は20名だそうです)、その下に火をつけようとする村人と、今年25才になった厄年の青年がそれをとめるという行事です。普通この辺の村々での道祖神は石で作られているのですが、ここでは「ドウロクジン」とよばれる木で作られています。もともと道祖神は村の入口で村に災いが入らないように村を守るためにいるのですが、ここの道祖神はそれにプラス良縁をとりもつもので、子宝をさずけるという効用があると言われ、村人に強く信仰されています。しかも木で作られたここの道祖神は毎年この日に焼かれ、また新しいものが作られます。
祭りの流れは1月13日に社殿柱となるブナの木、御神木を山から切り出し村に運びます。もっともこのブナの木は、前年の秋から見当をつけていて毎年5本切り出します。切り出されるブナの木は樹齢100年以上、高さ20m、直径30~40cmと決められていて、昨今では選ぶのが難しくなっているそうです。それらの木を切り、組み合わせて村の広場に社殿を組み上げるのに2日かかります。それを当日、皆で燃やすのですからすごい迫力があります。

今年の1月15日は北陸~東北が大雪で、野沢もその影響で大雪、しかも強風の中での火祭りですから、その迫力はすごいものでした。種火が会場についてから約2時間行事があり、社殿に火がついたのは11時ごろでした。火の粉が風に舞いその間を雪がうめ、すさまじい勢いでした。奇祭のひとつです。前の年のいろいろな災いや悩みは全て燃やし切るというのが村人の願いなのです。

ページ先頭へ

銀鏡神社大祭

2016年12月28日

宮崎県西都市の銀鏡(しろみ)地区にある銀鏡神社で、毎年12月に行なわれている大祭です。この大祭で奉納されているのが「銀鏡神楽」です。神楽というのは神さまが演じるのではなく人が演じることによって神さまが楽しむ、喜ぶものですから演目も神話が中心です。神さまたちの歴史や物語を人々が演じて神さまと同化するのです。
神楽は舞いとよく似ていますが、そこには物語があって、観る人はその物語をよく知っているのが原則です。しかし、こと銀鏡神楽は一晩で33もの演目を舞うわけですから観客はそのディテールまでを知っているわけではないのですけど、舞いの流れで「ふむふむ」と納得するわけです。
鳴りものがあり、時にはうたいも入り、舞台の中央は演じ手が舞うのです。長い演目となると30分、1時間のものもありますが、ここの氏子衆はじっと真剣なまなざしでご覧になっていました。観る態度がすばらしく、立って観ておられる方は殆どなく、ひざかけや座布団持参の見物の方ばかりです。中には座椅子を持ち込み一晩の長期戦に備えておられる方もいました。また、演じ手には中学生も交じっていて初心者用の神楽を舞っており、村中の氏子衆がこぞって祭りに参加している感じがひしひしと伝わってきました。
そして本殿祭の前夜祭として31番までが奉納され、32番の「ししとぎり」は拝殿の前で舞い、狩りで山に入って捕らえたイノシシをしとめるところが舞われます。
さて12月14日、この祭りに参加すべく西都市銀鏡神社に行ったときのことです。何と神社への道がガケ崩れによってふさがってしまったのです。14日の午後3時ごろ前々日の大雨による土砂くずれとのこと、これを意味するのは神が「来るな」ということなのかなどと考えましたが、きっと祭りを滞りなくしたいためのことと解釈しました。わずか人一人歩ける程度のすき間をぬって神社に入りますと、辺りはけものの臭いです。きっと15日に行ういのししなべの供物が飾られてあるのでしょう。

着いたときには神楽が始まったばかりでしたが、観客がみなきちんと背筋を伸ばして聴いているではありませんか。すばらしい観客です。一晩中やるというので、子供たちを含めてみなさん毛布をひざにかけ聴き入っています。なかなか見ることのできない風景でした。翌日にもあり、そして最後に神送りの神楽でしめるのです。とても清々しい祭りでした。

ページ先頭へ

毛呂の流鏑馬祭

2016年11月18日

埼玉県入間郡毛呂山町の出雲伊波比神社の祭りで、そのメインイベントが3人の少年による流鏑馬です。日本には流鏑馬は多々ありますが、少年だけによるというのは珍しいです。まず神事をあでやかに行った後、「朝的(あさまとう)」の流鏑馬があり、午後には「夕的(ゆうまとう)」の流鏑馬があります。これは本番で、そこに行くまで、1週間くらい前から少年たちは境内の百間馬場で練習を行い、身を清め技をみがいております。弓を引く少年は乗り子という名で、乗り子に選ばれるのは大変名誉なことです。それだけに訓練も厳しくそれに少年たちが耐えるのです。この祭りは源頼義・義家親子が東北の蝦夷征伐に向うときこの神社で合戦の勝利を祈願したことに始まったと言われていますので、この数日間に合戦を思わせる行事が行われます。
この流鏑馬は一の馬二の馬三の馬が登場しますが、その意味は源頼朝の家臣だった毛呂氏がこの毛呂郷を3分割したことに由来するとのことです。現在では一の馬は一年ごとの地区の持ちまわりで行われているとのことです。

流鏑馬の行われる馬場は約200mあり、そこを3頭の馬がかけるのですからすごい迫力です。しかも一の矢二の矢三の矢と3回たてつづけに矢を放つので、乗り子も大変だと思います。この少年たちが成人したときこの祭りを継いでいくのです。

ページ先頭へ

桧の獅子舞

2016年11月18日

徳島県鳴門市の大麻比古神社の11月1日の例祭に行なわれる獅子舞です。
この獅子舞は鳴門市の大麻町桧地区で江戸時代初期から続いているもので、この周辺の町々で行われている獅子舞のお手本になるくらいダイナミックであざやかです。構成は雌雄の獅子の舞し手とおはやし、大太鼓、小太鼓が演奏される華麗なものです。まずすごいなと思ったのは獅子の舞い方の大きさです。獅子は頭(かしら)としっぽの2人組みなのですが、「ねりこみ」「てれつく」「しんぎょく」「きつね」「のた」の5つの舞いで構成されているのです。そしてひとつの舞いで全力を尽すので、ひとつの舞いが終わると、舞う人は代わります。その代わり方もスムーズでよく見ていないとわからないのですが、舞い終って獅子から出てきた人は息も荒々しく、それを観ているといかに大変かわかります。
 私も獅子頭を持たせていただきましたが、5kgあるといわれまして、片手で持てるものの、もうひとつの手で口をパクパク出来ると思っていましたが、とても出来るものではありませんでした。もともと獅子が人々の頭をかむ形をとっていますが、これはその人の心の中に入りこんでいる悪魔をくいちぎる意味があります。

すなわち、悪魔払いなのです。しかしすごい勢いで演じられるので観ている人ものみこまれそうです。おそらく日本一の獅子舞いではないでしょうか。

ページ先頭へ

西条まつり

2016年10月31日

「ちょうさ、ちょうさ」と呼びながら、ダンジリを担ぐ男たち。総勢300名以上もが加茂川の中で黄金でつくられた「神輿(ここではみこしでなく「しんよ」とよんでいます)」をかこんで西岸にあげないぞと神輿の行手を阻んでいます。
その間約30分、神輿は上流に行ったり下流にもどったり、阻止するダンジリの間をくぐりぬけようとしますが頑張って通さない動きが活発です。これは愛媛県西条市が毎年行っている西条まつりのクライマックス、川入りの場面です。両岸には約70台のダンジリが提灯に灯りをともして、人々はその様子をハラハラドキドキながめています。あたりはもう真っ暗です。「暗い中での川入りってミステリアスでドキドキしますね」と私の脇にいらっしゃる宮司さまに言いますと、「うちの神さまは天照大神ですから日のあるうちにこれをしないといけないんですが、今日はダンジリの運行が遅くなりついに日の入り後になってしまいました」とつらい思いを語ってくださいました。ともかくやっとのことで東岸にのぼった神輿を結界の中におさめて、神事を行い祭りは終わりをつげました。長い長い1日でした。

この西条まつりは何と1800年の歴史があり特に江戸時代にこのダンジリが大集結することになったようです。私にとっては今回が2回目の西条まつり、十分満足しました。この祭りは、祭りの全てがあります。最後の神楽も若い2人の巫女が浦安を舞ったときは目になみだを浮かべる担ぎ手もいました。素晴らしい祭りでした。

ページ先頭へ

過去のページへ

祭り軍団座長 吉村作治 東日本国際大学学長・教授 早稲田大学名誉教授 NPO 日本の祭りネットワーク副理事長

エジプト考古学者(工学博士)
1943年生まれ。早稲田大学入学後の1966年アジア初のエジプト調査隊を組織し現地に赴く。以来、半世紀にわたり発掘調査を継続。「第2の太陽の船」発掘・復原プロジェクトでは、 本格的な修復作業が進んでいる。この8月から新たに「クフ王墓探査計画」を開始。動画サイト「吉村作治チャンネル」では、祭りをはじめ様々な話題を、ほぼ毎日配信中。

公式HP
吉村作治のエジプトピア

http://www.egypt.co.jp/

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • ワンクリックアンケート
  • 祭り広場
  • これまで応援した祭り
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • みんなの祭り情報局
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。