トップページ
 > これまで応援した祭り > 2016年 藤崎八旛宮例大祭

これまで応援した祭り トップへもどる

藤崎八旛宮例大祭

※このページは写真・文章ともに過去の祭り情報になります。 今年応援する祭りはこちらから

TV番組情報

制作
:RKK 熊本放送
放送
:10/30(日)13:00〜13:54

ダイドードリンコスペシャル

人情の町の獅子舞 ~藤崎八旛宮例大祭~

藤崎八旛宮例大祭

熊本県内で最大規模の祭り「藤崎八旛宮例大祭」。千年以上の歴史があると言われ熊本に秋の到来を告げる祭りでもある。この祭りの目玉が最終日の「神幸式」。4基の神輿に付き従い「随兵」と呼ぶ勇壮な武者行列、その後ろを例年1万数千人の勢子が飾り馬を引き連れ、熊本市中心部を練り歩く。観衆の前を駆け抜けていく勢子たちの姿は「肥後っ子」のパワーそのものである。一方で祭り初日、境内で必ず獅子舞を奉納するのが城下町・新町の獅子保存会。江戸時代の佇まいとマンションが混在する新町。メンバーにとって藤崎八旛宮の神前でのみ披露される「天拝」を舞うことは夢といっても過言ではない。とりわけ今年は震災で傷ついた新町・熊本県への思いが募っていた。奉納を始めてから200年以上続く伝統と「町づきあい」を守り受け継ぐ人たちを描く。

祭り紹介

  • 祭り写真館

藤崎八旛宮例大祭

千年以上の歴史を誇る藤崎八旛宮の例大祭。最終日の「神幸式」では、神輿に付き従う「随兵」と呼ばれる勇壮な武者行列や「新町獅子舞」、飾り馬や勢子の「馬追い」などが続き、熊本市街地を練り歩き、沿道の人たちから喝采を浴びます。2万人近くの奉仕者による熊本最大級の祭りである藤崎八旛宮例大祭は、熊本に本格的な秋の訪れを告げます。

開催日
9月13日〜9月17日※毎年同日
場所・アクセス
熊本県熊本市中央区 藤崎八旛宮~市内中心部一帯

■電車
JR「熊本」駅から徒歩2分の「熊本駅前」電停から健軍町行きで約15分、「水道町」電停下車、徒歩約15分

■バス
「JR熊本駅」から熊本交通センター行きで約10分、「交通センター」から約15分、「藤崎宮前」下車、徒歩5分

■車
九州道「植木」インターから国道3号線を南へ約35分
熊本IC・益城熊本空港ICからは約20分
お問い合わせ
藤崎八旛宮社務所/096-343-1543

※掲載された情報につきましては、独自に集積したものであり、変更されている場合もあります。
 お出かけの際には各祭りの主催者へのお問い合わせや公式サイトなどで必ずご確認ください。

歴史創建1000年を超す熊本総鎮守の壮麗な例大祭

シシゾウ:藤崎八旛宮例大祭は、いつごろ始まりましたか?

藤岡さん:藤崎八幡宮は熊本市域最大の神社で、当宮の例大祭は熊本県下最大級の祭りです。藤崎八幡宮の歴史は非常に古く承平5年(935)、九州の政情が不安な中、第61代朱雀天皇が国家鎮護の神として勧請されたのが始まりで、平成28年に創建1081年目を迎えました。熊本の発展と共に歩んできた神社であり、江戸時代には細川熊本藩の庇護を受けて例大祭が盛大に催されました。
神社の創建以来続く例大祭の内容は時代とともに変遷しています。例大祭の呼び物である神幸式の行列で神輿に供奉(ぐぶ)する飾り馬の奉納行列が現在とほぼ同じ形式になったのは江戸時代以降といわれています。同じく神輿に供奉する武者行列の随兵(ずいびょう)は飾り馬よりも歴史が古く、現在の形式になったのは肥後熊本藩の初代藩主・加藤清正公の時代以降です。明治、大正生まれの地元の方々は、例大祭のことを「随兵」と呼びます。「放生会(ほうじょうえ)」という呼び方をする方もいらっしゃいます。放生会は本来、事前に捕獲した魚や鳥などの生き物を自然に帰す事で殺生をいましめるという仏教行事ですが、明治時代に神仏分離令が出されるまで例大祭で行われていました。呼び名はその名残です。

ページ先頭へ

みどころ目抜き通りを凛々しい武者たちと馬を追う勢子たちが練り歩く

シシゾウ:神幸行列はどのように行われるのですか?

藤岡さん:神幸行列は藤崎八幡宮の御祭神である應神天皇(おうじんてんのう)、住吉大神(すみよしのおおかみ)、應神天皇のお母様である神功皇后(じんぐうこうごう)の御分霊をお遷しした三基の神輿が出ます。神輿は重量がかなりある立派なもので、昔は担いでいましたが、今は台車に載せて動かします。
当日は午前6時に三基の神輿を先頭にした行列が神社を出発し、御旅所に向かいます。御旅所は、明治10年(1877)の西南戦争で社殿が焼失するまで藤崎八旛宮があった旧社地(現在の藤崎台県営野球場のあたり)の近くです。神輿に続く武者行列は、甲冑をつけた随兵(ずいびょう)と陣笠をつけ長槍を持った長柄(ながえ)で構成されています。リーダー格の随兵頭(ずいびょうがしら)、長柄のリーダーの長柄頭(ながえがしら)、全体を統括する御幸奉行(みゆきぶぎょう)は馬に乗ります。それから新町町鉾(しんまちまちほこ)、新町獅子舞(しんまちししまい)、地元百貨店や子供会の奉納神輿が続き、飾り馬は行列の最後尾を務めます。総勢約1万7000人の大行列です。
行列が長いため、先頭の神輿が出発して、最後の飾り馬の出発は4時間ほど後になります。御旅所では、御着きになった御神輿の前で神事が行われ、その後に御能(おのう)の神前奉納があります。夕方、神輿一行は御旅所を出発し、神社に御還幸致します。

シシゾウ:飾り馬について教えてください。

藤岡さん:飾り馬は元々、神幸行列の神輿に供奉する神職が騎乗する馬でした。江戸時代までは神社と御旅所の距離が近く、神職が徒歩で移動するため、馬は引かれて行列に加わりました。人の乗らない鞍に装飾を施したのが飾り馬の始まりです。
 飾り馬の鞍に飾られるのは紅白または青白の注連飾(しめかざ)りで「陽陰(ひのかげ)」といいます。注連飾りの由来には諸説があり、子孫繁栄を象徴的に表しているという説や、結婚式などの慶事で使われる熨斗(のし)を表しているという説などがあります。
飾り馬は、地元の奉納団体が出します。現在、奉納団体は約70あります。祭り好きの人が集まった有志団体や企業、地元高校同窓会、地域住民団体などが主で、参加人数は総勢で1万5000人ほどです。
飾り馬に伴う勢子(せこ)は、団体ごとに揃いの法被を着て、手には扇子などを持ち、ラッパや太鼓を鳴らしながら、「ドーカイドーカイ」「弥栄(いやさか)」など、様々な種類の熊本弁の掛け声とともに通りをにぎやかに練り歩きます。ちなみに「ドーカイ」という掛け声は、「うちの馬はどうかい?いい馬でしょう」という意味といわれています。また、掛け声も時代とともに変遷があったようです。馬は各奉納団体が地元の牧場などから借りて、飾り馬に仕立てます。体重が1トン近くある大型馬が多く、近くで見ると迫力があります。

ページ先頭へ

注目ポイント伝統を誇る神事能と新町獅子舞も必見

藤岡さん:神幸行列の日は終日、神社一帯が祭り一色になり、場面場面にみどころがあります。最初のみどころは、神輿が神社を出発する御発輦祭(ごはつれんさい)です。宮司が祝詞をあげ、雅楽が演奏される中、三基の神輿が神社から厳かに出てきます。市中に御神輿の渡御(とぎょ)を告げる藤太鼓(ふじだいこ)が打ち鳴らされ、これから祭りが始まるという雰囲気が次第に盛り上がっていくところは一見の価値があると思います。神社前の大きな楼門前に並んだ神輿三基の周りには供奉する甲冑姿の随兵や先駆(せんく)の役を務める騎馬神職、陣笠を被った裃姿の総代達、また賽銭拾いの子供達などがひしめき合う光景が祭りの華やかさを感じさせます。
神幸行列のルートで、ひとつみどころをあげるとすれば、アーケード街を抜けた先の日銀熊本支店の前の通りです。広くなっていて、行列区間で唯一、馬追いコースと呼ばれる区間です。馬を取り回す口取(くちとり)に引かれて馬が走るのに合わせて勢子たちも一緒に駆けるところはちょっとしたみものです。

シシゾウ:そのほかにみどころはありますか?

藤岡さん:参加人数が多いので飾り馬の印象が強くなると思いますが、飾り馬奉納より歴史が古いのは新町獅子舞と神事能で、そちらもご注目いただければと思います。
新町獅子舞は、旧社地のお膝元の新町地区に伝承されている獅子舞で、神幸行列の道中、舞を舞いながら沿道で見物しているお子さんの頭を噛んだりして、無病息災のご利益を授けます。なお、新町獅子舞は、例大祭第一日祭の後に神前でお祓いを受ける獅子飾卸(ししかざりおろし)の神事の後、藤崎八旛宮の神前でのみ舞うことが許されている「天拝(てんぱい)の舞」を奉納します。
御旅所では、午前9時頃から奉納される神事能は、これまで400年以上にわたり回を重ねてきた歴史があります。現在も金春(こんぱる)流、喜多(きた)流の能師さんに加え、遠くは東京等からの能関係者も含めた奉納がなされています。

ページ先頭へ

ふるさと自慢熊本藩主・細川家ゆかりのからし蓮根

シシゾウ:熊本市でおすすめの特産物を教えてください。

藤岡さん:熊本市に特産物は数多くありますが、藤崎八旛宮にゆかりの深い細川藩政時代にできたとされる、からし蓮根をご紹介したいと思います。からし蓮根は、れんこんの穴にからし味噌を詰め、衣をつけて揚げた郷土料理で、お酒のおつまみとして人気があります。誕生したのは今から370年以上前で、からし蓮根の断面が、細川家の家紋の九曜(くよう)の紋に似ており、明治時代になるまで門外不出にされたとも言われています。江戸時代の絵巻物を見ると、神幸行列の随兵の甲冑に九曜の紋が入っているのが確認できます。市内には、からし蓮根のメーカーが何社もあり、おみやげ品としても人気です。

ページ先頭へ

メッセージ熊本とともにこれからも歩んでいきます

藤岡さん:例大祭で一番大切な祭礼は15日に行われる献幣祭(けんぺいさい)で、小さくは氏子、崇敬者の皆さんの平安、大きくは国家安泰を神様にお願い致します。私たち神職にとっても例大祭は一年間で最も重要な神事であり、神幸行列に参加していただく皆さんにも神様に奉納奉仕するという気持ちで臨んでいただいています。熊本の歴史とともに歩んできた藤崎八旛宮がこれからも熊本とともに歩み、発展を支えていけることを心から願っています。

ページ先頭へ

※祭り紹介者 藤崎八旛宮 権禰宜 藤岡 敬士(ふじおか たかし)さんにお応えいただいたインタビューをもとに、記事をまとめています。

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • ワンクリックアンケート
  • 祭り広場
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • ダイドードリンコ日本の祭りCM
  • みんなの祭り情報局
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。