トップページ
 > これまで応援した祭り > 2015年 太田山神社例大祭

これまで応援した祭り トップへもどる

太田山神社例大祭

※このページは写真・文章ともに過去の祭り情報になります。 今年応援する祭りはこちらから

TV番組情報

制作
:HBC 北海道放送
放送
:7/25(土) 13 : 00〜13 : 54

ダイドードリンコスペシャル

岩窟に宿る 海への願い。 ~北海道 太田山神社例大祭~

太田山神社例大祭

日本海に面した十数軒の小さな集落、北海道せたな町大成区太田。ここに、北海道では古くから航海の守り神として信仰されてきた太田山神社がある。40度の急勾配の石段、ロープづたいの険しい山道、さらに90度の絶壁7メートルの鉄鎖を登ったところにある本殿。そこを目指す白装束の若者たち。例大祭に合わせて行われる「御山掛け」という行事だ。初夏。年に一度の祭りの日。小さな集落は北海道内、さらに全国から集まった太田ゆかりの人たちで束の間のにぎわいを見せる。過疎の集落で、社を守る人々。日々、生真面目に、ただひたむきに海と向き合う人々の生き様を追いながら、四季折々の暮らしを見つめ、1年に一度の祭り、岩窟の社に込めた祈りと願いに迫る。
(神社の正式名称は「太田神社」ですが、番組では通称の「太田山神社」とさせていただいております。ご了承ください。)

祭り紹介

  • 祭り写真館

太田山神社例大祭

北海道では古くから航海の守り神として信仰されてきた、太田山神社。本殿は太田山の中腹、40度の急勾配の石段、ロープづたいの険しい山道、90度の絶壁7メートルを鉄鎖で登ったところにあります。例大祭に合わせて「御山掛け」という行事も行われ、白装束を身にまとった若者たちが本殿を目指します。

開催日
6月27日~28日※毎年同日
場所・アクセス
北海道久遠郡せたな町大成区太田

■車
・道央道「国縫」インターより国道230号線、国道229号線、道道740号線を通り80分
・道央道「八雲」インターより国道277号線、道道42号線、国道229号線、道道740号線を通り80分
お問い合わせ
せたな町大成総合支所 産業建設課(商工労働観光係)
01398-4-5511

※掲載された情報につきましては、独自に集積したものであり、変更されている場合もあります。
 お出かけの際には各祭りの主催者へのお問い合わせや公式サイトなどで必ずご確認ください。

歴史古くは修験場、
現在はパワースポットとして著名な太田山

シシゾウ:太田山神社はいつ創建されたのですか?

松林さん:太田山神社は通称で、神社本庁に登録されている社名は太田神社です。太田山神社の創建は正式な記録が残っていません。口伝では、今から約570年前の嘉吉年間(かきつねんかん)に創建され、享徳3年(1454)武田信廣(松前藩の祖)が太田に上陸した際に太田権現の尊号を送りました。
太田山神社のある太田山は日本海を望む断崖絶壁にそびえています。おそらく太田権現と称される以前から、アイヌ民族の人たちに神聖な場所として崇められていたのではないかと思います。その後、山岳信仰の行場として広く知られるようになり、江戸時代中期・後期には修験僧だけでなく著名な探検家や旅行家も訪れたことが記録に残っています。
明治時代になると太田権現は国の政策で神社として現在の社名に名称変更されます。例大祭の本祭が行われる6月28日は、太田権現の小祠に祭神としてまつられていた不動尊の縁日にあたります。

シシゾウ:地域の皆さんにとって太田山神社はどのような存在ですか?

松林さん:太田山のある大成区は漁業の町で、航海安全の守り神として、とりわけ漁業関係者に厚く崇敬されてきました。例大祭では航海安全と大漁満足を祈願しに漁業関係者の方が多く参拝し、神前でご祈祷を受け、社務所で神社のお札と船札、神社名が書かれた小さな大漁旗を購入するのが恒例になっています。

ページ先頭へ

みどころ山の八合目にある本殿めざし、
険しい山道の参道を踏破

松林さん:例大祭は、宵宮と本祭(ほんさい)の2日間行われます。宵宮の大きな行事は、船渡御(ふなとぎょ)と御山掛(おやまか)けです。
船渡御は、地元の漁船が大成区太田港から大成区久遠(くどう)港まで約10キロの距離をパレードします。太田山周辺は海に山が迫っているため、道路が整備されていなかった昔は陸の孤島で、太田山神社への参拝は船が主な交通手段でした。特に動力船が導入された昭和初期以降は船での参拝が盛んだったということです。船渡御が行われるようになったのは昭和40年代中半に入ってからで、それ以前は漁船が徒競走のように順位を競う船競争が行われていたそうです。
船渡御のスタートは、宵宮の午後1時です。参加する漁船の隻数は年によって異なりますが、おおよそ10~20艘です。船渡御をご覧になるなら、太田山から約5キロ南にある、富磯(とみいそ)地区の北海道道740号がおすすめです。日本海沿いに道路が走っていて、大漁旗を掲げた漁船の船団が進むところを一望できます。

シシゾウ:御山掛けはどのような行事ですか?

松林さん:太田山神社の拝殿は海岸にありますが、本殿は太田山の八合目付近の岩窟の中にあります。御山掛けは20~30代の地元の若者5~6人が白装束に白鉢巻、白足袋にわらじ履きで、本殿に参詣します。この行事は大成区が旧大成町だった時代に創設された「大成まちづくり会議」が企画したものです。これは比較的新しい行事で、今から30年前に始められました。
参道の大半は人一人が通るのがやっとの狭く険しい山道で、勾配が非常に急です。太田山の標高約480メートルに対し、本殿に通じる参道の総延長はわずか600メートルほどしかありません。この数字を見れば、いかに参道の勾配がきついかがお分かりいただけるのではないかと思います。そこで参道には参詣者がつかまって登れるようにロープが設置されています。もしもロープがなければ、草や木の根を手がかり足がかりにして這うようにしないと登れません。参道の入り口は139段の石段になっていますが、こちらも勾配が40度近くあるので、そこにもロープが設置されています。本殿のある岩窟の下は垂直に切り立った岩壁で、上からぶらさがっている鉄の鎖につかまって登ります。

シシゾウ:本殿の参詣は一般の人もできるのですか?

松林さん:はい。例大祭には、大勢の方が太田山へ登ります。私も10年ほど前までは一年を無事に過ごせたことへの感謝を込め、毎年登っていました。パワースポットとして知られるようになってからは町外の人の参詣も増えています。例大祭以外の日にも参詣は自由にできますが、参道が険しいのとで周辺がヒグマの生息地であることを考えると、人が多い例大祭の日をおすすめします。足元が非常に悪いので、山登りにふさわしい格好できてください。昔の人は参詣前、海や鳥居の近くにある小さな滝でみそぎを行ったといいます。御山掛けをする若者たちも出発前に拝殿でお清めの祈祷を受けます。できれば興味本位の登山は避け、真摯な気持ちでご参拝いただければ嬉しく思います。

シシゾウ:船渡御、御山掛け以外に宵宮の行事はありますか?

松林さん:例大祭の大成まちづくり会議の協賛行事として、拝殿そばに設けられたステージで郷土芸能や歌謡ショーが行われます。夜には花火大会も実施されます。花火は拝殿近くの海上で船工から打ち上げられます。屋台も出店し、大勢の人出で賑わいます。

ページ先頭へ

注目ポイント獅子舞の獅子が参詣者をかじり、健康を祈願する松前神楽

シシゾウ:本祭にはどのような行事が行われるのですか?

松林さん:拝殿で家内安全や海上安全などを祈願する御祈祷と松前神楽の奉納が行われます。松前神楽は宵宮にも奉納されます。松前神楽は道南地域から道央・道北の沿岸まで広く伝わる神楽で、現在も渡島(おしま)・檜山(ひやま)地域の神社の祭礼では大抵奉納されます。一人舞、複数舞など多くの演目があり、最後は獅子舞で締めくくります。この獅子舞はユニークで、健康を祈願し、参詣に訪れた人の頭や身体をかじりつきます。また、獅子舞では獅子に烏天狗が絡む場合もあります。楽しい神楽なので、ぜひ一度ご覧いただきたいです。

ページ先頭へ

ふるさと自慢水産物や農産物、温泉など自然の恵みがいっぱい

シシゾウ:せたな町でおすすめの特産物や観光スポットを教えてください。

松林さん:せたな町は、檜山北部3町が合併して誕生した町です。旧瀬棚町(せたなちょう)の瀬棚区と旧大成町(たいせいちょう)の大成区は漁業が盛んで、スルメイカ・ホッケ・ウニなどの加工品が特産物です。旧北檜山町(きたひやまちょう)の北檜山区は農業が盛んで、水稲・ジャガイモなどの農産物、乳製品が特産物です。町内には温泉のある宿泊施設が3軒あり、地元の特産品を販売しているところもあります。

ページ先頭へ

メッセージせたな町の歴史と自然に触れにきてください

松林さん:せたな町は、北海道の中でも歴史の古い町で、海岸線の美しい景観も自慢です。せたな町にお越しになったら、大成区の長磯海岸から太櫓海岸(ふとろかいがん)にかけての奇岩や瀬棚区の三本杉岩など自然の造形美をご堪能ください。

ページ先頭へ

※祭り紹介者 せたな町文化財保護審議委員 松林 證(まつばやし さとし)さんにお応えいただいたインタビューをもとに、記事をまとめています。

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • ワンクリックアンケート
  • 祭り広場
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • ダイドードリンコ日本の祭りCM
  • みんなの祭り情報局
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。