トップページ
 > 祭り紹介 > これまで応援した祭り > 2014年 須賀川 松明あかし

これまで応援した祭り トップへもどる

須賀川 松明あかし

※このページは写真・文章ともに過去の祭り情報になります。 今年応援する祭りはこちらから

TV番組情報

制作
:TUF テレビユー福島
放送
:12/6(土) 16 : 00〜16 : 54

ダイドードリンコスペシャル

炎の詩(うた) それぞれの火祭り 須賀川松明あかし

須賀川 松明あかし

毎年11月の第二土曜日、須賀川市で30本の巨大松明に火がつけられます。この「須賀川の松明あかし」は400年以上の歴史があり、戦国時代に無念の死を遂げた、須賀川城の侍の霊を慰めるため始まったといわれています。祭りを支えているのは「松明をもりたてる会」のメンバーで、今年この会に来春大学を卒業する女性が入りました。女性は卒論のテーマに松明あかしを選んでいます。また去年、大松明に火をつける大役を任された男性は、途中で無念の落下。今年こそはとリベンジに燃えています。番組ではさらに、学校での松明作りの指導に、親子2代にわたって情熱を傾けている男性や松明あかしに参加する中学生、女性が団長を務める高校の応援団を紹介、松明あかしを後世に残そうと奮闘する人達の姿を追います。

祭り紹介

  • 祭り写真館

須賀川 松明あかし

400年以上の伝統を誇る、日本三大火祭りのひとつ「松明あかし」。伊達政宗率いる軍が須賀川城を攻め落とした合戦で、命を落とした兵たちの霊を弔うために、はじめられたとされています。長さ10メートル、重さ3トンもの巨大な大松明を、須賀川の若者が担いで街を練り歩き、会場の五老山へと運び、火が点けられます。

開催日
11月第2土曜日
場所・アクセス
福島県須賀川市 翠ヶ丘公園内五老山

■電車
JR「福島駅」より「須賀川駅」下車、タクシーで約5分、徒歩20分

■車
東北自動車道「須賀川インター」より約10分
お問い合わせ
須賀川市観光交流課
0248-88-9144

※掲載された情報につきましては、独自に集積したものであり、変更されている場合もあります。
 お出かけの際には各祭りの主催者へのお問い合わせや公式サイトなどで必ずご確認ください。

歴史戦国時代の須賀川城攻めの戦死者を偲んで大松明を奉納

シシゾウ:須賀川 松明あかしは、どのような起源があるのですか?

佐藤さん:松明あかしの由来は、今から425年前の天正17年(1589)、伊達政宗による須賀川城攻めです。城を守るため、須賀川城主の二階堂家の家臣と民衆は一丸となって、伊達政宗の大軍に立ち向かいましたが、城内に伊達政宗の内通者がいて火を放ったため、城と城下町は火に包まれ、落城しました。この戦いで命を落とした多くの人々の霊を弔うため、松明を燃やしたのが始まりです。

ページ先頭へ

みどころそびえたつ約30本の巨大な火柱は圧巻

シシゾウ:松明は何本制作されるのですか?

佐藤さん:約30本で種類は「本松明」、「大松明」、「姫松明」があります。本松明は地元の町内会や学校、企業などによって制作される松明で高さが6~8メートル、直径は約1メートルあります。大松明は、「松明をもりたてる会」が制作する大松明で、高さ10メートル、直径2メートル、重量は約3トンあります。姫松明は大松明と対で制作される松明です。大松明が男性によって運ばれるのに対して、姫松明は女性だけで担いで運ぶので高さ約7メートル、直径1メートルです。

シシゾウ:松明はどうやって作るのですか?

佐藤さん:竹で作った骨組みの中に、乾燥したカヤを詰め、外側は畳表でくるみます。「松明をもりたてる会」の松明は、材料のカヤ集めから自分たちで行います。カヤは大松明で2トントラックの1台半分、姫松明は1台分が必要です。10月半ばに会のメンバー約25名が1日がかりで市内の河川敷などでカヤを刈り取って乾燥させます。松明の制作は5日間かかります。カヤの詰め方が難しく、詰めすぎても、隙間が空きすぎても松明はきれいに燃えません。毎年作っていてもコツをつかむのは難しく、毎回試行錯誤しています。

シシゾウ:点火は何時からですか?

佐藤さん:当日の午後6時30分から点火していきます。五老山(ごろうざん)山頂の会場に大松明、姫松明、本松明がそびえる中、最初に大松明、次に姫松明、それから本松明が風下から順に点火されます。点火する火は須賀川城本丸跡の二階堂神社から奉納された御神火(ごじんか)です。大松明の点火は、「松明をもりたてる会」の会員男性1名が、梯子(はしご)を使わずに自力で大松明をよじ登って行います。大松明の表面は畳表で覆われていて、手がかり足がかりになるのは、畳表を縛りつけてある太い針金(番線)だけなので簡単には登れません。10メートルの高さを登り切り、てっぺんに着くまでに5分近くかかります。私は過去に二度、点火する役を務めましたが、命綱は付けていても高い所に登っていくのは怖いし、腕力をものすごく使うのでてっぺんに着いたときには腕の筋肉がパンパンでした。
すべての松明が点火されるまでに30分程度かかります。そこから松明の炎の競演が約1時間30分ほど続きます。燃え盛る間、奥州須賀川松明太鼓保存会による和太鼓演奏が雰囲気を盛り立てるのでさらに迫力満点です。終盤には、須賀川城を模した仕掛け松明も点火され、燃え上がる城が戦国時代をしのばせます。

ページ先頭へ

注目ポイント約3トンの大松明を人力で運び、人力で立てる心意気

佐藤さん:須賀川の松明あかしのもうひとつのみどころは、大松明と姫松明を会場まで人が担いで運び、人の力で設置するところです。
大松明は、神輿のように担ぎ棒で担がれます。担ぎ棒は長さが4メートル強の角材で、16~17本を使います。担ぎ手の人数は大松明が男性約150人、姫松明が女性約100人です。松明は担ぎ棒に載せただけの状態なので、左右のバランスが崩れると転がり落ちてしまいます。だから、スタート前に担ぎ手全員で呼吸を合わせて水平に担ぐ練習をします。
松明行列の出発地点は上北町(かみきたまち)の松明通りで、そこから五老山の祭り会場まで約1キロの距離を練り歩きます。長さが10メートルもある巨大な物体が人力で運搬されている光景は、中々お目にかかれないと思うのでぜひご覧いただきたいです。道路はその間、通行止めになっているのですが、一度バスが間違って入ってきてしまい、大松明とお見合いしてしまったことがありました。ギリギリすれちがいができたのでよかったのですが、どうなることかとヒヤリとしました。
本松明は、松明あかしの祭り当日までに会場に運び、クレーンを使って設置しますが、地元の中学校2校と高校1校の本松明は大松明と姫松明の松明行列に参加します。若いときから松明あかしに参加してもらうことで将来、松明あかしの担い手になってもらいたいという願いがあります。出発する順番は、中学校、高校、大松明、姫松明です。

シシゾウ:大松明はどうやって人力で立てるのですか?

佐藤さん:大松明の側面を担ぎ棒を突いて押し上げ、角度がついたら大松明の根元側に担ぎ棒でつっかい棒をして支え、さらに担ぎ棒で突き上げるという作業を何度も何度も繰り返し、垂直に立たせます。大松明は3トンあり重量が重量なだけに倒れたら大変危険なので、作業は万全の注意を払って行います。特に大松明の角度が45度を超えると危険度が増すため、より慎重に作業を進めます。その結果、大松明が直立するまで1時間ほどかかります。おかげさまで最近は大松明の設置からご覧になる方が増えていて、大松明が立ったときは拍手喝采していただけます。

ページ先頭へ

ふるさと自慢ウルトラマンの故郷と姉妹都市

シシゾウ:須賀川市でおすすめの特産物や観光スポットを教えてください。

佐藤さん:須賀川市は特撮の神様であり、(株)円谷プロダクションの創業者でもある「円谷英二監督」の出身地です。これが縁となり、昨年5月5日に、須賀川市とウルトラマンの故郷「M78星雲光の国」は姉妹都市となりました。Web上では、仮想都市「すかがわ市M78光の町」が展開され、どなたでも無料で住民登録ができるほか、仮想住民票の発行(有料:税込300円)も行っています。
このほかにも、駅前にはウルトラマンモニュメントがあり、東北初となるウルトラマンオフィシャルショップが福島空港に併設されております。また、須賀川市オリジナルのウルトラマンのトートバックや帆前掛けなどオリジナルグッズも発売中です。ウルトラヒーロー達に出会える街、須賀川市へぜひお越しください!

ページ先頭へ

メッセージ燃える松明を眺め、顔を上げていきます

佐藤さん:東北大震災のあった年は中止も考えましたが、震災犠牲者の鎮魂と慰霊、復興への願いを込めて開催することが決まりました。伝統を途切れることなく守りたかったし、大松明を皆で見つめることで顔を上げる機会が少しでも増えればいいという思いもありました。その年は地元の竹やカヤは放射能の問題があったので使わなかったのですが、支援の呼びかけに全国の地域が応えてくださり、松明の材料を送ってくださったので無事に開催することができました。いろいろなことがありながらも、一生懸命伝統をつないできた私たちの松明あかしをぜひ見に来てください。

ページ先頭へ

※祭り紹介者 松明をもりたてる会 会長 佐藤 貴紀(さとう たかのり)さんにお応えいただいたインタビューをもとに、記事をまとめています。

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • 注目の祭り
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。