トップページ
 > 祭り紹介 > これまで応援した祭り > 2009年 やぶさめ祭り

これまで応援した祭り トップへもどる

やぶさめ祭り

※このページは写真・文章ともに過去の祭り情報になります。 今年応援する祭りはこちらから

TV番組情報

制作
:山梨放送 YBS
放送
:2009年10月18日(日)15:00~15:55

ダイドードリンコスペシャル

ひびけ、蹄(ひづめ) よ ~富士吉田 やぶさめ祭り~

やぶさめ祭り

霊峰富士に抱かれた富士吉田市。毎年9月19日に、小室浅間神社で行われる「やぶさめ祭り」は800年以上も続く祭りです。白装束に身を包んだ男性が馬を駆り、矢を放つ。勇壮なやぶさめですが、富士吉田のやぶさめは、馬が駆けた蹄の跡を見て、地域の吉凶を占うという、全国でも大変珍しいもの。武士のための祭りではなく、地域の人々による、地域のためのお祭りです。この800年以上続いた祭りを絶やすことなく、継承していこうと、力を尽くす方々がいます。 祭りの奉仕者は、祭りの1週間前から、潔斎と呼ばれる男だけの共同生活を営み、準備を進めます。 祭りへの熱い思いを抱き、地域の絆のために奮闘する人々の姿を追います。

祭り紹介

  • 祭り写真館

やぶさめ祭り

富士山の裾野、富士吉田市の小室浅間神社(おむろせんげんじんじゃ)で9月19日の秋祭りに行なわれるやぶさめは、神事として奉納され、走った馬の蹄の跡で吉凶を占うという全国でも珍しい様式を伝えるものです。やぶさめの保存継承に尽力されている小室浅間神社宮司の佐藤勉(つとむ)さんに、やぶさめ祭りの見どころをお聞きしました。

開催日
9月19日※毎年同日
場所・アクセス
山梨県富士吉田市下吉田小室浅間神社・神社馬場
・富士急行線大月駅から下吉田駅下車、徒歩3分
お問い合わせ
小室浅間神社・流鏑馬実行委員会
0555-22-1025

※掲載された情報につきましては、独自に集積したものであり、変更されている場合もあります。
 お出かけの際には各祭りの主催者へのお問い合わせや公式サイトなどで必ずご確認ください。

小室浅間神社宮司 佐藤勉さん 鎌倉時代から一度も途切れず催行

シシゾウ:小室浅間神社のやぶさめはどのような歴史があるのですか?

佐藤:小室浅間神社のやぶさめは鎌倉時代頃から、この地に連綿と守り続けられてきました。安元2(1176)年にこのやぶさめが始まった頃は富士山2合目にある山宮(やまみや)近くの騮ヶ馬場(りゅうがばば)で、私たち下吉田地区と勝山地区(現冨士河口湖町勝山)とで一緒に行っていました。しかし、祭りのたびに村同士が激しく争い、流血騒ぎにまでなったので、享禄3(1530)年、武田信玄公の時代に武田家家臣の板垣信賢(いたがきのぶかつ)が両村で分かれて行うように命じました。以後、それぞれの村で別々にやぶさめが行われるようになり、下吉田地区では1度も途切れることなく現在まで続いています。
的を狙わず、天めがけて射る!

シシゾウ:小室浅間神社のやぶさめの特徴を教えて下さい。

佐藤:一番の特徴は馬を走らせ矢を射るという弓馬の技術を磨くために行う武芸としてのやぶさめではなく、神事として行われるやぶさめであるということです。農民の方々がやりますから勇ましいものではなく、装束もきらびやかな衣装ではなく襦袢(じゅばん)に手甲(てっこう)、股引です。あくまでも庶民に密着した土着的なやぶさめなのです。

シシゾウ:装束以外で、神事としてのやぶさめが、武芸としてのやぶさめと違うのはどういった点ですか?

佐藤:やぶさめですから馬に乗って矢を射るのですが、武士のやぶさめと違い、的は立てるもののそこは狙わず、天に向かって矢を射ます。これは、春、富士山におられる神様が里に下り、田の神様となって田畑を潤し、豊かな実りを見届け富士山にお帰りになられる秋に行うということで、神様が山にお帰りになられた後、災いが里に来ないようにという願いを込める意味があります。そして、これがこのやぶさめを行う重要な目的なのですが、馬場を走った馬のひずめの跡を見て、氏子地域の吉凶を占う「馬蹄占(ばていうらない)」を行います。占うのは占人(うらびと)という世襲の役で、現在3家あります。占い方は門外不出で、口伝で代々継承されています。
1週間心身を清め、やぶさめに臨む

シシゾウ:やぶさめを奉納するのはどういう人たちですか?

佐藤:やぶさめ祭りでやぶさめを奉納する人を奉仕者と呼び、馬1頭につき10人、馬は2頭出走するので毎年約20人以上の方が奉仕者になられます。昔、神社の氏子にとって、やぶさめの奉仕者になることは家の名誉とされ、大勢の希望者がありました。そこで、奉仕者を決める為に1月14日の夕方から翌朝にかけて行われる「筒粥(つつがゆ)神事」の後で、馬主(うまぬし)と呼ばれる一族の代表者が籤(くじ)を引きました。当たりくじを引いた馬主はやぶさめに使う馬を用意し、一族の中から馬に乗る人間を選びました。現在は神社ややぶさめの実行委員会で馬主や奉仕者になっていただく方を探してお願いしています。過去には6歳のお子さんが奉仕者になったこともあります。

シシゾウ:奉仕者が祭りまでに準備をしなければならないことはありますか?

佐藤:奉仕者の方は全員、祭りの1週間前から厳しい精進潔斎をしていただきます。昔は各家でやっていたのですが、今は神社の境内にある潔斎館(けっさいかん)で過ごしていただいています。潔斎期間は外に出ずお籠(こも)りしていたのですが、今はお勤めや学校がありますので、男性が作ったお弁当と水を持って通勤通学され、館ではお祓いを受けられたり、馬の調練をして過ごされます。この期間に身内に不幸があれば、やぶさめに出ることはできません。
出走した馬の蹄跡がポイント!

シシゾウ:やぶさめはどのようにして行われるのですか?

佐藤:やぶさめは神社本殿で神事や弓取りの儀、出立の杯などの儀式が行われた後、神社前の敷地に仕立てられた馬場で行われます。馬の出走は朝馬(あさうま)と夕馬(ゆううま)と呼ばれる2部制になっていて、例年、午後1時から朝馬が始まり、朝馬が終わると続いて夕馬が行われます。朝馬、夕馬に走る馬は役馬(やくうま)と呼ばれ、朝馬、夕馬ともに4回ずつ走ります。そして、役馬が1回走るごとに、占人が馬蹄占をする為に全長180mの馬場を最初から最後まで歩き、ひずめの跡を見ていきます。朝馬、夕馬ともに役馬が4回走った後には、山王様(さんのうさま)と呼ばれる馬が走ります。役馬の騎手は3本ずつ4回、計12本の矢を射るのですが、山王様の騎手は1本ずつしか射ません。そして、山王様を富士山にお送りするという意味を込め、馬場を走り抜け、そのまま戻らずに走り去ります。
3本の矢が射られたら拍手喝采!? 佐藤:奉仕者の方は約20人いますが、役馬に乗る機会は8回しかありませんから、1週間厳しい潔斎をしても乗れない方のほうが多いです。役馬に乗る人を決めるのは、前日に行われる宵宮祭で神籤(みくじ)を引き、朝馬一番、夕馬一番の籤を引いた馬主さんです。奉仕者の方は役馬に乗りたいですから潔斎の間、一生懸命に馬の調練をされますが、馬主さんのおめがねにかなわなければ乗ることはできません。役馬に乗れなかった奉仕者の方は、朝馬、夕馬の神事が始まる前や空き時間に、馬場(ばんば)見せということで1週間調練した技を披露します。ただ、この時は弓矢に触れることは許されていません。

シシゾウ:やぶさめの一番の見どころはどこですか?

佐藤:役馬に乗る奉仕者の方が3本の矢を射られるか射られないかというのはひとつの見どころです。馬を走らせながら弓を射るのは短期間の調練では容易ではありません。昨年のやぶさめでは、3本の矢を射ることができたのは1人だけでした。射ったものの、勢いがなくて地面にポトンと矢が落ちてしまうということもあり、そんな時にはお客様から声援や笑い声が上がります。神事であり、精進潔斎などは非常に厳しいのですが、そういうところはのどかなものです(笑)。
占いでコミュニティの絆を再確認 佐藤:このやぶさめは祭りが終わってからが重要です。馬蹄占の結果が出ると、「お日待(ひま)ち」と言って、下吉田地区の自治会や町内の各班などの集まりに私たち神職が出かけて行って、1年間町内にもめごとや火事などがなく、おだやかで平和に過ごせるようにご祈祷します。この時、馬蹄占で出た結果も地区の皆さんに告げます。例えば、この町内では来年3月までに火ごと、いわゆる火事があると占いに出ているので気をつけましょうとお伝えします。すると、それを聞いた地域の皆さんは、当たる当たらないは関係なく、町内で火事に気をつけましょうとかご近所で助け合いましょうということを互いに確認し合うわけです。このように、人がこの世に暮らしていく基本となる地域の根底を支えているという意味において、やぶさめは私たちにとって非常に大切なもので、絶やすことはできないのです。
半世紀ぶりに復活した富士山神輿も登場 佐藤:ぜひ、私たちのやぶさめを大勢の方にご覧いただきたいと思います。場所は、電車なら富士急行線の下吉田駅で降りてすぐ、お車の場合は中央道の河口湖インターチェンジを降りるとすぐです。駐車場は神社に隣接する下吉田第一小学校の校庭を使用できるので台数に余裕があります。もしお時間に余裕があれば、やぶさめ祭り当日だけでなく前日に行われる宵宮祭もご覧ください。一昨年、やぶさめ祭りを盛り上げようと、氏子の皆さんが半世紀近く廃れていた富士山神輿を新しく奉納してくださいました。富士山神輿は、富士山の形を模した神輿で、御神木のケヤキで作られたとても美しいものです。宵宮祭では、この富士山神輿が氏子町内を練り歩きます。夜にはぼんぼりに火が灯されてとてもきれいです。今年は組子細工を飾った神輿も登場する予定ですので、楽しみにしていただきたいと思います。
神社で馬を飼い、やぶさめ継承に尽力佐藤:日本のいくつかの地域にやぶさめ行事はありますが、存続の危機に瀕しているところが多いようです。実際、同じ源流を持つ勝山地区のやぶさめは明治時代に一度途絶えていて、今現在行われているのは武芸としてのやぶさめです。実は、私たちのやぶさめももう少しで廃れるというところまで行きました。私が平成4年にここの神社の宮司代務者になった時、やぶさめの奉仕者の方の高齢化を目の当たりにしました。このままでは勝山地区のようにあと5年で途絶えるのではないかと危機感をおぼえ、やぶさめ祭りの後継者を育てるために地元の有志を集めて馬の調練を始めるとともに、神社でやぶさめ用の馬を飼い始めました。これまで一度も欠かすことなく900年近く続いてきたやぶさめですから、地域の大切な文化と伝統として地域の皆さんに再認識していただきたいと思いますし、こういう世相だからこそ、この祭りの持つ価値を知っていただきたいと思います。
  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • 注目の祭り
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。