トップページ
 > 祭り紹介 > これまで応援した祭り > 2007年 おわら風の盆

これまで応援した祭り トップへもどる

おわら風の盆

※このページは写真・文章ともに過去の祭り情報になります。 今年応援する祭りはこちらから

TV番組情報

制作
:チューリップテレビ TUT
放送
:2007年9月29日(土)15:00~15:54

ダイドードリンコスペシャル

おわら滔々と ~風の盆~

おわら風の盆

「おわら風の盆」は、外から見ると順風満帆、何も問題ないかのように見えます。しかし実情は、観光客と行事運営、後継者、芸の継承問題など、課題が山積み。このことは多くの県民には知られていません。 今回の番組テーマは、センセーショナルに「おわらが消える日」。おわらを陰から支える八尾の人たちが、真のおわらの火を消さないように、観光や後継者育成に取り組んでいる姿をドキュメンタリーでお伝えします。観光協会と保存会が二人三脚を組むという全国的にも珍しい取り組みを紹介していきながら、伝統芸能を後世に残す苦労と大切さを描きます。今消えようとしている多くの伝統芸能へ元気を与えられるような番組です。

祭り紹介

  • 祭り写真館

おわら風の盆

富山県富山市八尾町で行われる「おわら風の盆」。静かな坂の町が9月1日から3日間、哀調の調べに包まれます。35~6年間八尾町で三味線奏者として活躍している富山県民謡おわら保存会渉外部長 (そうけじま まさつぐ)さん(64)に「おわら風の盆」の見どころをお聞きしました。

開催日
9月1日~9月3日 ※毎年同日
場所・アクセス
富山県富山市八尾町
・富山駅からJR高山本線 越中八尾駅まで25分
・富山空港から車で20分
お問い合わせ
越中八尾観光協会
076-454-5138

※掲載された情報につきましては、独自に集積したものであり、変更されている場合もあります。
 お出かけの際には各祭りの主催者へのお問い合わせや公式サイトなどで必ずご確認ください。

影三味線が曲のテンポを作ります!
富山県民謡おわら保存会渉外部長 そう島正嗣さん
富山県民謡おわら保存会
渉外部長 そうけじま まさつぐ さん
スタッフ:他の民謡と「おわら風の盆」で演奏する「越中おわら節」との違いはどのようなところですか?

そうけじま:まず曲のテンポがゆったりしているところですね。地方(じかた)の中でも、三味線の、「タテ」と呼ばれるリーダーがリズムを作ります。例えばメトロノームで60のテンポの曲ならば、最初から最後まで60のテンポを守る、テンポが早くなったり遅くなったりすると、踊りにくく、唄いにくいのです。しかし同じ曲だからといって、毎回同じテンポで演奏するわけではありません。踊りも「豊年踊り」、女子の「四季踊り」、男子の「かかし踊り」と3種類あるので、踊りによってテンポも変えなけばなりません。
プロが「越中おわら節」を避ける理由とは? page
スタッフ:「越中おわら節」を唄う上で、難しいのはどのようなところですか?

プロが「越中おわら節」を避ける理由とは?そうけじま: 「越中おわら節」は、甲高い声で唄い始めます、この高い声がなかなかでません。これは大阪で文楽の修行をして八尾に戻り、大正から昭和のはじめ頃、唄い手として活躍した江尻豊治が考案した江尻調と呼ばれる独特の歌唱法です。また、歌詞は上の句七七、下の句七五で、上の句七七を一息で唄わなければなりません。甲高い声で唄い出し、ゆっくりしたテンポながら一息で唄わなければならない、実は「おわら」は独特で難しい唄なのです。プロの民謡歌手の方でも「おわら」は、難しいとおっしゃって披露されません。八尾でも、経験を積んだ唄い手でないと「おわら」の“あや”をだすことは難しいのです。
八尾は芸能の町だった!? page
スタッフ:踊り手、地方は1年を通して、どれくらい練習をするのですか?

八尾は芸能の町だった!?そうけじま:小学生以上になると、8月のお盆の少し前頃から、踊りの練習が始まります。 小学生はまず「豊年踊り」を、中学生以上になると「かかし踊り」や「四季踊り」を習います。教えるのは上の学年の子どもたち、若者たちです。「おわら風の盆」の行事に、町の踊り手として参加するのは25歳までの未婚の男女です。25歳をすぎると、興味のある人は地方に転身します。八尾全体をまとめる「富山県民謡おわら保存会」の本部があり、各町ごとが支部となります。「温習会(オンシュウカイ)」と呼ばれる練習会が支部単位、または本部単位で定期的に開かれます。八尾では芸を磨き、伝承する仕組みが今も残っているのです。


この歌詞が「おわら風の盆」を変えた!! page
スタッフ:「越中おわら節」の唄の構成はどのようになっていますか?

この歌詞が「おわら風の盆」を変えた!!そうけじま:「越中おわら節」は長囃子で始まり、上句七七、下句七五の歌詞とお囃子が交互で、最後は長囃子で終わります。下句の七と五の間には「オワラ」と入れます。「富山県民謡おわら保存会」では毎年、新しいおわらの調の歌詞を募集しているので、歌詞は数千におよびます。



スタッフ: これだけはぜひ聴いて帰って欲しい歌詞があれば教えてください。

この歌詞が「おわら風の盆」を変えた!!そうけじま:「おわら風の盆」は300年の歴史がありますが、昭和の始めの頃まで唄われていた歌詞は洗練されたものではなく、踊りも決まった型はありませんでした。昭和のはじめ、「おわら風の盆」を再構築しようという動きが地元で起こり、昭和3年に日本画家の小杉放庵さんが八尾に招かれました。小杉放庵さんは、まず八尾の冬の状況を歌詞にしました。それが「もしやくるかと窓押しあけて見れば立山 オワラ 雪ばかり」です。冬の歌詞がきっかけとなって、春夏秋冬を唄う『八尾四季』が誕生したのです。春の歌詞は「ゆらぐつり橋 手に手をとりて 渡る井田川 オワラ 春の風」夏は「富山あたりか あのともしびは とんで行きたや オワラ 灯(ひ)とり虫」秋は「八尾坂道 わかれてくれば つゆかしぐれか オワラ はらはらと」です。さらに『八尾四季』にあわせて、新しい踊りが作られました。振り付けたのは舞踊家の若柳吉三郎さんです。それが女子の「四季踊り」であり、その後、男子の「かかし踊り」も振付けました。小杉放庵さんの「八尾四季」という歌詞が今の「おわら風の盆」につながっているという点から「八尾四季」はぜひ聴いていただきたいですね。
昼間は名歌碑めぐりで予習!? page
昼間は名歌碑めぐりで予習!?そうけじま:「おわら」の歌詞を書いたのは、小杉放庵さんだけではありません。 童謡『七つの子』、『しゃぼん玉』などを作った詩人の野口雨情さん、大衆劇『瞼の母』の作者・長谷川伸さんなど名だたる文人、文化人が歌詞を書いています。八尾の辻々には「おわら名歌」の碑、24個が建立されていますので、昼間は名歌碑めぐりをしてはいかがでしょうか。歌詞の美しさに驚かれると思います。
夜中、おわらは静かに燃える!? page
スタッフ:「おわら風の盆」の演奏や踊りは深夜まで続くと聞きましたが、 何時頃までですか?

夜中、おわらは静かに燃える!?そうけじま:「おわら風の盆」は夜の11時までが行事として町単位で踊ります。その後の時間は、行事外の時間です。行事では踊り手は25歳以下の男女ですが、卒業した25歳以上の人も踊りに参加します。また地方も行事外では町単位を越えて、気の合った仲間同士や手合わせしたい相手と演奏ができるので、行事とは別の楽しみがあるのです。演奏が始まると、三味線の「タテ」が真剣になる、他の地方がついてくる、踊り手たちも雰囲気を壊してはいけないと、真剣になってくる、そこに集った一人一人が行事とはまた違った気持ちで臨む時間なのです。観光客の方も、その場の雰囲気を大事にして見守っていただければ、新たなおわらの魅力を感じていただけると思います。


駅のホームでも踊るってホント? page
スタッフ:「おわら風の盆」最終日は、朝まで踊り明かすグループも少なくないそうですね。

そうけじま:そうですね。観光客の中には、朝まで「おわら」を堪能して、4日朝の一番列車に乗って帰る方がいらっしゃいます。JR越中八尾駅を地区に含む福島町の青年たちが中心になって、お帰りになる方々に「よく来ていただきました。最後のおわらをご披露します」とホームでおわらを見ていただいています。「見送りおわら」と呼ばれるもので、見送られる方々は毎年、とても感激されています。


  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • 注目の祭り
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。