トップページ
 > 祭り紹介 > これまで応援した祭り > 2006年 阿波おどり

これまで応援した祭り トップへもどる

阿波おどり

※このページは写真・文章ともに過去の祭り情報になります。 今年応援する祭りはこちらから

TV番組情報

制作
:四国放送 JRT
放送
:2006年9月3日(月・祝)13:00~13:55

ダイドードリンコスペシャル

阿波の祭り人 それぞれの夏

阿波おどり

8月お盆、1年で徳島の街がもっとも熱くなる夏の4日間。「我が人生、棒に悔いなし阿波おどり」。踊り子たちは真夏の祭典「阿波おどり」にすべての情熱を傾け、この時期一気に爆発させる。伝統ある老舗の有名連を取りまとめる難しさ、20数年ぶりに選抜大会への出場を手にした中堅連の期待と苦悩、小6ちびっこ達の阿波おどりへの挑戦と卒業。そんな阿波の祭り人たちのそれぞれの夏を描く。

祭り紹介

  • 祭り写真館

阿波おどり

「阿波おどり」は昨年4日間の期間中に128万人の人出を集めました。人々を毎年熱狂させる「阿波おどり」ですが、魅力や楽しみ方を徳島市観光協会の方に聞きました。

開催日
8月12日~8月15日 ※毎年同日
場所・アクセス
徳島県徳島市市内中心部
・[JR] 岡山→徳島(特急約2時間)
・[車] 神戸淡路鳴門自動車道 神戸(垂水)→徳島 約1時間30分
お問い合わせ
徳島市観光協会
088-622-4010

※掲載された情報につきましては、独自に集積したものであり、変更されている場合もあります。
 お出かけの際には各祭りの主催者へのお問い合わせや公式サイトなどで必ずご確認ください。

「ぞめき」リズムとは?
スタッフ:「阿波おどり」の音楽はなんと言うお囃子ですか?

「阿波おどり」の二拍子の音楽を「ぞめき囃子(ばやし)」といいます。「ぞめき」とは浮かれ騒ぐという意味です。切れ味のいい鉦(かね)、三味線、笛、太鼓のお囃子が刻む二拍子のリズムは、聞くだけで浮き足たってしまうようなところが魅力ですね。お囃子は各「連(れん)」という踊りグループの後方で演奏し、阿波おどりを盛り上げます。

阿波おどりには約400年もの歴史
阿波おどりには約400年もの歴史スタッフ:「阿波おどり」はいつ頃、どのようにして始まったんですか?

「阿波おどり」の起源について定説はなく、3つの有力な説があります。
1つ目は、1587年、徳島城が落成したとき、祝賀行事として城下の人々が踊ったのが始まりとする説。2つ目は、1578年に勝端城で風流踊りが開催されたという記録があり、能楽の源流であると言われている風流踊りが阿波おどりの原型であるとする説。3つ目は旧暦の7月に行われた盆踊りであるという説です。

「連」になるには条件あり
「連」になるには条件あり スタッフ:「連」とははどういう踊りグループをいいますか?

正式に「連」と呼ぶのには少々条件があります。連の先頭では連の名が入って長い竿(さお)の「高張り提灯(ちょうちん)」を持つこと、連の名が入った「浴衣」を着ること、三味線、笛などの「鳴り物」があること、そして「踊り子」がいること。これらのものがなければ連として認められていないんです。1つの連は50人から300人の連員で構成されています。数ある連の中でも技量が熟達した連は「有名連」と呼ばれています。

スタッフ:「連」は現在どれくらいの数があるんでしょうか?

阿波おどり振興協会の所属が16連、徳島県阿波おどり協会が17連、阿波おどり保存協会が9連です。その他にも、阿波おどりの時期だけ結成される企業や大学などの連があるので、正確な数字はわからないですが、毎年、一日約200~250の連が参加しています。しかし小さな連もあわせると、1000近くあるとも言われています。

同じ側の手と足を同時に出せれば阿波おどり
同じ側の手と足を同時に出せれば阿波おどり スタッフ:阿波おどりの振り付けやコツを教えてください。

「手をあげて足を運べば阿波おどり」と言われているように、特に決まった振り付けはありません。リズムにのって踊ればいいのですが、同じ側の手と足を同時に出すことだけが決まっています。また男踊りと女お踊りがあり、男踊りは腰を落として豪快で元気よく、女おどりは優雅でしなやかに踊ります。またパフォーマンスをする連もあり、観光客の方を楽しませています。

人が凧(たこ)になる?!
人が凧(たこ)になる?! スタッフ:連で披露される「奴(やっこ)おどり」など、特徴ある踊りを教えてください。

「奴おどり」は人が凧の動きをして、まるで奴凧のように激しく動く踊りです。
「阿呆調(あほうちょう)」は提灯をもって、豪快で自由奔放なスタイルが見どころの踊りです。別名「武士おどり」ともいいます。「のんき調」は背筋を伸ばしたまま充分に腰を落とし、大地を刻むような足さばきとキレのある手さばきが見どころです。「娯茶平調」は、スローステンポの鳴り物に合わせ、前方のものをたぐりよせるような"網打ち"の動きが有名な踊りです。

どの有名連登場かは当日のお楽しみ
どの有名連登場かは当日のお楽しみ スタッフ:「阿波おどり」が最高の盛り上がりを見せるのはいつですか?

8月12日から15日の4日間、南内町演舞場で22時から行われる「総おどり」は盛り上がります。阿波おどり振興協会のいくつかの有名連が、一気に演舞場に踊りこんでくるからです。
毎日、違う連なので、どの連がやってくるかは、当日のお楽しみです。

「阿波おどり」を見る、穴場はココ!
「阿波おどり」を見る、穴場はココ! スタッフ:「阿波おどり」を見る穴場はありますか?

踊り期間中は演舞場以外に、例えば踊りを間近にみることができる場所がいくつも設けられます。踊り子と見物客が大小の円陣をつくり、踊り子が入れ替わり立ち替わり踊り継いでいく「おどり広場」には、観光客が踊りの手ほどきを受けたり、見物客が踊りの輪に加われるところもいくつかあります。「おどりロード」は演舞場と演舞場を結ぶ通りのことで、2カ所あります。
連が踊りを繰り返しながら移動していきます。「街角おどり」は町内会や商店街等が運営しているものです。それぞれに踊りのコースや特設ステージを設け、中には有名連の踊りを間近に楽しめるところもあります。また、観覧席を設けた演舞場では有名連を中心に、連が広い道路を目一杯使って一団となって進む迫力を存分に楽しんでいただけると思います。

これで立派な踊る阿呆
これで立派な踊る阿呆 スタッフ:観光客でも阿波おどりに参加できますか?

期間中、観光客が気軽に参加できる「にわか連」が結成されます。有名連による踊りのレッスン、そしてリハーサルを受けたら、演舞場で踊りを披露していただけます。
集合場所は徳島市役所市民広場前と新町橋通り東新町商店街入り口の2ヶ所です。事前の予約は不要ですが、所定の時間に集合してください。参加費も無料です。
また、「おどり広場」や「街角おどり」では、観光客の方も踊りに加われることがあります。

  • 日本の祭り 名産品
  • 祭り写真館
  • 祭りカレンダー
  • 注目の祭り
  • 吉村作治先生の祭り考察
  • ダイドードリンコ日本の祭りチャンネル
  • DyDo online shop
  • 日本の祭りボード 日本の祭りに関する発言はこちらへ!

日本の祭りポスターをプリントしよう!

ダイドードリンコは「NPO(特定非営利活動法人)日本の祭りネットワーク」に加盟しています。